37サロン

無理なダイエットで生理不順になる理由って!?【原因は〇〇の材料不足】

2020.05.17

 

夏がだんだんと近づいてくるとやっぱり気になるのがダイエット。

 

今日はダイエットが原因で生理不順や末端冷え症にならないためのお話です。
(夏場に「足先が冷たいからサンダルが履けない」という女性は多いんです😭)

 

 

 

 

ダイエットをするとアドレナリンが出る

 

ダイエットは私たちのカラダにとっては刺激=ストレスです。

 

空腹感もストレスですし脂肪を燃やすための有酸素運動ももちろんストレスです。

 

 

そしてストレスを受けると私たちのカラダはアドレナリンという神経伝達物質を出します。アドレナリンにより血糖値を上げて脳に糖=エネルギーを送ろうとします。

 

そしてアドレナリンが出過ぎる理由は二つあって、それは、①貧血、②ストレス、です。

 

 

 

 

アドレナリンが出過ぎると…?

 

無理なダイエットをすると血糖値を上げるために大量のアドレナリンが出ます。

 

するとカラダは「アドレナリン不足」を起こします。アドレナリンが足りなくなったカラダはコルチゾールという物質で代用しようとします。

 

 

コルチゾールについては別の記事でも説明していますので、そちらも参考にしてください。

 

コルチゾールは副腎という場所で作られるホルモンです。そして実は、ホルモンの中でコルチゾールと女性ホルモンはコレステロールを材料にして作られています。

 

 

 

 

コレステロールはカラダに必要な栄養素!

 

「え〜コレステロールって脂肪じゃん!」

 

っていうアナタは間違っています!

 

 

コレステロールは確かに油分ですが私たちのカラダには良質な油分が必要なんです。

 

良質な油についての説明はまた別の記事でしますが良質な油とは簡単に言うとオメガ3とオメガ9の不飽和脂肪酸です。

 

ご存知の方も多いと思いますがオメガ6の油分はプロスタグランジンという炎症物質をカラダに出させますので生理痛の原因になります。

 

 

 

 

コルチゾールがたくさん使われると女性ホルモンの材料が不足する

 

アドレナリンが出過ぎるとコルチゾールをたくさん作られます。

 

コルチゾールの材料はコレステロールです。

 

女性ホルモンの材料もコレステロールです。

 

 

すると材料不足を起こして女性ホルモンの生成が不安定になります。

 

女性ホルモンは生理機能をコントロールしていますので生理不順が起こります。

 

 

 

 

女性がダイエットをするときの注意事項!

 

女性がダイエットをするときに注意しなければいけないのは貧血の改善です。

 

アドレナリンが出るもう一方の原因である貧血の状態を改善しましょう。

 

貧血を改善すると基礎代謝も上がりますのでダイエットにも一石二鳥です♪

 

カテゴリー /
タグ

この記事を書いた人

前田 晴代

前田 晴代

サンナナサロン®︎のプロデューサーで株式会社MEETSHOPの看板娘。サンナナの店頭ではお客様と一緒に「健康は楽しい♪」といつも笑っています。

SEARCH

よく見られている記事

新着記事

カテゴリー

タグ

SEARCH