37サロン

免疫力を上げる方法がわからない?!【原因は〇〇】

2020.04.30

 

私たちはサンナナサロン®︎で「基礎体温37度の世界を創る」ことを目指しています。

 

科学的に基礎体温を上げるプログラムを2017年からお客様にご提供しています。

 

新型コロナウイルス感染症の影響もあり店舗には「どうやったら免疫力を上げれるの?」という質問を多く頂いています。

 

 

 

 

お医者さまは「免疫を上げてくださいね」って言うけど…

 

お客様は健康診断のときに「免疫上げて」ってお医者さまに言われることが多いそうです。

 

でもお医者さまは、

 

●どうやったら免疫を上げれるか?

 

を具体的に教えてくれないそうです。

 

それは(ある程度は)仕方ないことで「病気になったとき」の対処を西洋医学的に行うのがお医者さまのお仕事なんですよね。

 

 

私たちがお客様によくお伝えするのは、

 

●健康のためのことは健康なときにしか出来ない

 

ということです。

 

病院は「体調が悪くなってから行く場所」であって「健康なときに行く場所」ではないんですよね。

 

 

 

 

なぜ?免疫力を上げる方法が分からないのか?

 

ネットやテレビの情報を見ていても「免疫力を上げる」ための具体的な方法はなかなか見つかりません。

 

それにはきっと原因があります。私たちが考える原因の一つは、

 

●「免疫」という言葉の定義が定まっていない

 

ということです。

 

皆さん「免疫」という言葉の意味を知らないまま使って、そのまま「免疫の上げ方」を知ろうとするので…それではやっぱり分かりませんよね💦

 

例えるならば…車がどういうものか?知らないのに「車の運転の仕方」を知ろうとするようなもんです。

 

そりゃあ分かるはずがありませんよね。

 

 

 

 

「免疫」という言葉の意味をサンナナサロン®︎ 流に定義する

 

それではここで改めて「免疫」という言葉の意味をしっかり定義してみたいと思います。シンプルに簡単に!説明しますので安心してください🙂

 

【免疫について①】

免疫とは白血球がウイルス/細菌と戦う(食べたり殺したりする)こと

 

【免疫について②】

①の戦った記憶を記憶すること(=記録したものを「抗体」という)

 

【免疫について③】

①②のパターンがその人の体質によって2パターンある

※この2つのパターンについては別の記事で解説します

 

 

これでけ!です。

 

つまり、免疫とは「白血球がウイルス/細菌と戦うこと」って、ざっくり理解してもらえたらと思います。

 

 

 

免疫を上げるには白血球の働きを活発にすること

 

ここまで理解できればあとは簡単です!定義が明確になりましたので免疫の上げ方もはっきりします。

 

●免疫を上げる=白血球の働きを活発にする

 

そうです。免疫を上げるためには白血球のの働きを活発にすれば良いわけです!

 

白血球の働きは体温が上がることで2倍になることは以前の記事でも詳しく説明しました。

 

この白血球の働きUP!は短時間でも体温を上げることでも有効です。熱めのお風呂に10分20分入ることで免疫力が上がることは科学的に証明されています。

 

(注意!:お風呂に入る場合はたっぷりの水分を摂ってから入ってください)

 

 

また、免疫細胞(=白血球)の7割が腸の中にいることも科学的に証明されています。このことはNHKスペシャルなどでも紹介されましたよね。

 

免疫力を上げるためには腸内環境を整えることも重要です。

 

※サンナナサロン®︎的【腸内環境の整え方】についてはまた別の記事で説明したいと思います!

カテゴリー /
タグ

この記事を書いた人

前田 晴代

前田 晴代

サンナナサロン®︎のプロデューサーで株式会社MEETSHOPの看板娘。サンナナの店頭ではお客様と一緒に「健康は楽しい♪」といつも笑っています。

SEARCH

よく見られている記事

新着記事

カテゴリー

タグ

SEARCH