37サロン

【具体的なアクションは?】免疫力や抵抗力を上げるためのことTOP3

2020.04.25

「免疫力を上げたい!」

「抵抗力をつけたい!」

 

サンナナサロン®︎でもここ1ヶ月はそのようなご質問が多いです。

 

もちろん新型コロナウイルスの流行が直接的な原因でしょうが…

 

テレワークや人との接触が減ったことでストレスを感じている方々が「ああ、自分は免疫力が落ちているな」と実感されていることも原因だと思います。

 

 

そこで!

 

今回は【サンナナサロン®︎】的な「免疫力や抵抗力を上げるためのことTOP3」をお送りしたいと思います。

 

サンナナサロン®︎では免疫学と栄養学に基づいて「基礎体温37度の世界を創る」ことを目指してさまざまなサービスプログラムを作り出しています。

 

今回はそのような科学的なプログラムからお客様にも評価が高いアクションプランを3つお伝えします。

 

 

 

 

①カラダを酸性にしないこと

 

人間のカラダでストレスを処理してくれるのは肝臓です。

 

肝臓は「デトックスとストレス処理の臓器」と考えてもらって大丈夫です。

 

 

でもご存知のように肝臓は他にもたくさんたくさんの仕事をしています(アルコールの処理や栄養の貯蓄など)。

 

人間のカラダの中でいちばんの”マルチタスク”な臓器です。

 

他の仕事で肝臓が疲れてしまうと肝臓のストレス処理能力がガクンと落ちます。

 

結果として本来だったら肝臓が処理してくれるはずの活性酸素が処理しきれずカラダは酸性に傾きます。

 

 

カラダが酸性になるといわゆる「老化」が進みます。また酸性のカラダはガン細胞が大好物です。

 

 

 

②腸内環境を整えること

 

カラダにいいことをしよう!

カラダにいいものを食べよう!

 

…と言ってもカラダに「カラダに悪いもの」がたくさん溜まっていたら本末転倒です。

 

 

まずは「カラダに悪いもの」を外に出す=排泄することが大切です。

(カラダにいいものを入れるのはその後!)

 

じゃあデトックスだ!

 

ってなるワケですが、ホットヨガや半身浴をお勧めすることはしません。

 

人間の最大のデトックス法は排便です。

 

便を排泄することでカラダに不必要な物質の75%を外に出そうとします。

(ホットヨガなど汗でのデトックスは全体の3%!)

 

また、免疫細胞が一番たくさんいるのは腸です。

 

腸内環境を整えることは免疫細胞の居場所を整理整頓することになりますので、そりゃあ免疫力上がりますよね!ということになります。

 

 

 

 

③基礎体温を上げること

 

そして最後はやっぱり、基礎体温を上げること、です。

 

人間の体温が38度になると免疫細胞のうちのリンパ球の働きが2倍になるというエビデンスがあります。

 

 

つまり基礎体温が高い人は細菌やウイルスをやっつける免疫細胞の働きが活発であると言えます。

 

基礎体温を上げるためには、とにかく貧血改善、です。

 

貧血は「血液の酸欠」ですので基礎体温を上げるための材料である酸素がカラダ中で足りていない状態です。

 

 

貧血解消のためには、

 

●ヘム鉄

●たんぱく質

●必要ミネラル

 

を、できるだけ毎食摂ることです。

 

 

 

まとめ:具体的なアクションプラン

 

さて、それではまとめ、です。

 

具体的なアクションプランをお伝えします。

 

①→

★生の野菜をたくさん食べる

(野菜の酵素を取り入れることでカラダの酸性防止)

 

 

②→

★マグネシウムとデトックスに必要なミネラルをたくさん食べる

(ナッツ類や海藻類、きのこ類に必要ミネラル多い)

 

 

③→

★たんぱく質は毎食食べる

(お味噌汁や大豆製品でOK/たんぱく質は”摂り貯め”できない栄養素)

★必要ミネラルは「銅・亜鉛・ビタミンB12・葉酸」

 

 

やはり体質改善は「食から」ですよね!☺️

カテゴリー / /
タグ

この記事を書いた人

前田 晴代

前田 晴代

サンナナサロン®︎のプロデューサーで株式会社MEETSHOPの看板娘。サンナナの店頭ではお客様と一緒に「健康は楽しい♪」といつも笑っています。

SEARCH

よく見られている記事

新着記事

カテゴリー

タグ

SEARCH