37サロン

オメガ6はカラダに悪くない!?炎症を引き起こす原因は〇〇【化学的に解説】

2021.03.10

 

「オメガ3は良くてオメガ6は悪いんだよね!」

 

ってよく言いますが本当でしょうか!?

 

サンナナサロン的な見解は「大まかに言うとその通り」です。

 

今日はちょっと難しい話になりますが汗

 

オメガ6が悪者扱いされる理由と、「実はオメガ6はそんなに悪くないんだよ」っていうことをお伝えしようと思います。

 

オメガ3が身体に良くてオメガ6が身体に良くないという話においてオメガ6のイメージ

オメガ3とオメガ6についてしっかり解説

 

すごくざっくり言いますとオメガ3は「αリノレン酸」といい、一般的にはカラダにいいとされています。

 

エゴマ油やしそ油、いわしやサバの青魚に多く含まれていると言われています。

 

身体に良いとされるオメガ3が多く含まれる食事のイメージ

 

一方、オメガ6は「リノール酸」といい、一般的には炎症を引き起こすのでカラダにはあんまり良くないって言われています。

 

サラダ油はもちろん、べにばな油やひまわり油などがこれにあたります。お店で出されれる油料理全般もあてはまります。

 

ちなみにですがサラダ油があんまりカラダに良くないって言われている理由があります。

 

サラダ油が、一番搾りの残りに「ノルマルヘキサン」っていう添加物を加えて作られていることが挙げられます。

 

このノルマルヘキサンがアレルギーを引き起こすと言われています。

 

身体によくないとされているオメガ6を多く含む食事の例であるフライドチキン

※参照「有機溶剤などによる障害」慶應大学保健管理センター

オメガ6がカラダに良くないことをするのには条件がある

 

結論から先に言いますが、オメガ6は実はカラダには悪くないです。

 

オメガ6がカラダにとって辛い症状である「炎症」を引き起こすのは、ある条件が加わった時だとされています。

 

炎症の4つの症状を説明する図

 

順番に説明していきますね。

 

まず、オメガ3やオメガ6はカラダの中の肝臓で代謝が行われます。

 

代謝というのはカラダの中で起こる科学変化です。つまり肝臓がオメガ3やオメガ6のような油をカラダの中に役に立つ物質に変えてくれている訳です。

 

代謝についてはサンナナサロンでは「酵素(こうそ)×酸素(さんそ)」で起こる科学変化とお伝えしています。

 

詳しくはこちらの記事も読んでみてくださいね♪

 

私たちが日常生活で食べているオメガ3やオメガ6を含む食材のイメージ

オメガ6が炎症を引き起こす物質に変わる条件

 

オメガ6が肝臓で代謝されてどんどん科学変化が進むと「ジモホγ-リノレン酸」という物質に変わります。

 

このジモホγ-リノレン酸に「ある条件」が加わると、、、

 

炎症を引き起こしたり引き起こさなかったりします。

 

ある条件とは、、、

 

「インスリンが多く出る食事を摂ること」です。

 

インスリンが多く分泌される食事を摂る人のイメージ

 

詳しく説明しますね。

 

ジモホγ-リノレンは正しく代謝が進むと「プロスタグランジンe1」ていう、炎症を減らす効果のある物質に変わります。

 

なんと!

 

オメガ6が実は!炎症を減らす物質に変わるんですよね。正しく代謝されると。

 

ところが、、、

 

インスリンが多く出る食事をしてしまうと、、、、

 

ジモホγ-リノレンは「アラキドン酸」っていう物質に変わります。そしてアラキドン酸は強力な炎症物質である「プロスタグランジンe2」に変わります。

 

結果として、、、

 

さまざまな炎症が起こってしまう…という訳です。

 

さまざまな症状の炎症に悩んでいる女性のイメージ

炎症を引き起こしやす食事にはパターンがある

 

じゃあ、、、

 

オメガ6を悪さをするきっかけを作る「インスリンが多く出る食事を摂ること」って具体的にはどういうことでしょうか?

 

シンプルに言うと、

 

●血糖値をすぐに上げる食事

(糖分が多い食事や小麦粉製品)

 

です。

 

血糖値が急上昇するような食事を摂ると、上がった血糖値を下げるために大量のインスリンが分泌されます。

 

このインスリンがよろしくないんですよね〜

 

炎症を引き起こすインスリンが血糖値が上がったあとに分泌されることを説明する図

まとめ

 

オメガ6は、私たちが普通の生活をしていると十分に摂取してしまいますので「オメガ6を摂らないで!」っていうのは無理なことです。

 

ですので、、、、

 

オメガ6に炎症を引き起こさせないようにしよう!っていうのが正しいアプローチだと私たちは思います。

 

オメガ6に悪さをさせてしまう原因はインスリンです。

 

インスリンは血糖値が急上昇したあとに分泌されます。

 

血糖値を急上昇させるのは、

 

① 糖分や小麦製品

② 急いで食べるいこと
③ 満腹になるまで食べること

 

です。

 

血糖値を上げやすい糖質と小麦製品を説明する図

 

ごはん食を中心にゆっくりと腹八分目で!くらいから始めてみてもいいかもですね〜

 

 

カテゴリー
タグ

この記事を書いた人

前田 晴代

前田 晴代

サンナナサロンのプロデューサーで株式会社MEETSHOPの代表取締役。サンナナの店頭ではお客様と一緒に「健康は楽しい♪」といつも笑っています。

SEARCH

よく見られている記事

新着記事

カテゴリー

タグ

SEARCH