37サロン

炭酸水の健康への影響は?【実は太る原因!?】

2020.07.19

 

「最近は炭酸水が飲みたくって仕方ないのよね…」

 

そんなお客様がサンナナサロン店頭でも増えているように思います。

 

私たちサンナナサロンは”カラダからのサイン”に気付くことを大切にしています。

 

 

ですので「炭酸水が飲みたい」っていうことは「カラダが私たちに何かを報せようとしているのかな?」と考えます。

 

今日は、

 

 

#1.炭酸水の影響についての論文は?

#2.炭酸水の健康への影響は?

#3.炭酸水を飲むと太る可能性がある?

 

 

この三点について”カラダからのサイン”という切り口でまとめてみようと思います。

 

それでは行ってみましょう!

 

 

 

 

 

①炭酸水の影響についての論文は?

 

炭酸水は化学的には「水に二酸化炭素を溶かしたもの」です。

 

ですので基本的にカロリーゼロなので直接的には炭酸水を飲んだからといって太るようなことはありません。

 

でも実際、炭酸水のシュワシュワで喉(のど)がスッキリしたりしますよね?

 

そのスッキリ感で体温の変化ってあるのかな?ということを調べた研究が論文にまとめられています。

 

※炭酸水の飲用についての研究はほとんどありませんので論文も数個しかありません

 

■「炭酸水による口腔への刺激が深部・末梢体温に及ぼす作用」
https://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010871106.pdf

 

この論文に書いていることを簡単にまとめると…

 

 

●炭酸水を飲む前後で足先の体温がどう変わるか?調べた

 

●【結果】水を飲んだ時には1度体温が下がったのに対し炭酸水を飲んだ場合は2.5〜3度体温が下がった。

 

●【結果】炭酸水を飲んだ場合は心拍数が上昇した。

 

 

この結果だけを見ると「あ〜だから夏の暑い時期には冷えた炭酸水が飲みたくなるんだよね」ってなるところですが💦

 

私たちが注目したいのは「心拍数が上昇した」という部分です。

 

事実として心拍数が上昇するなら、そのことによって何が起きるか?ということを考えることがサンナナサロン的なアプローチです。

 

 

 

 

 

②炭酸水の健康への影響は?

 

論文の結果からも分かりますように、炭酸水を飲むと心拍数が増加します。

 

では…どういうメカニズムで心拍数が増加するのでしょうか?

 

鍵を握るのは「アドレナリン」という物質です。

 

 

●炭酸水を飲む

 

●喉越し(のどごし)にシュワシュワっと強い爽快感を感じる

 

●爽快感は刺激である

 

●カラダは刺激を受けるとアドレナリンを分泌する

 

●アドレナリンの働きは①心拍数を上げて②血糖値を上げること

 

 

こういうメカニズムで心拍数が上がります。

 

心拍数が上がると結果として血糖値が上がりますので、血中の糖分=エネルギーが増えた状態の血液が全身を駆け巡ります。

 

糖分をたくさん含む血液が大量に脳に流れ込みますので脳はいっきにリフレッシュすることができます。

 

これが、疲れているときに「冷えた炭酸水が飲みたくなる」理由ですね。

 

脳がエネルギー不足でリフレッシュを求めている訳です。

 

 

 

 

 

③炭酸水を飲むと太る可能性がある?

 

結論から言いますと、炭酸水はゼロカロリーですので炭酸水を飲むことで直接的に太ることはありません。

ですが【太りやすい体質】になる可能性はあると言えます。

 

その理由を説明しますね。

 

アドレナリンによって上がった血糖値は…上がりっぱなしで良いワケがありません。

(血糖値が上がったままだと糖尿病になります)

 

血糖値を下げる必要があります。

 

そして血糖値を下げる働きをするのが「インスリン」です。

 

 

インスリンの働きは2つです。

 

 

①血糖値を下げる

 

②糖を脂肪に変える
(インスリンの別名は”肥満ホルモン”)

 

 

つまり、アドレナリンが出やすい生活(:炭酸水を飲んで血糖値をいちにちに何回も上げているような生活)をしている人は、同時にインスリンも出やすい、ということです。

 

インスリンが出やすいとどうなるかと言うと、糖を脂肪に変えやすい体質になってしまいます。

 

つまり…太りやすい体質です。

 

 

 

 

 

まとめ

 

炭酸水が飲みたくなるのは“カラダからのサイン”です。

 

つまり、脳が疲れていてエネルギー不足に陥っているサイン、です。

 

冷えた炭酸水を飲むことで一時的に血糖値が上がって脳はラクになります。

 

でも…その後にインスリンが出て血糖値が急降下すると【太りやすい体質】の原因になる可能性があります。

 

 

血糖値を急上昇させないこと。

 

そして、そもそも論で、血糖値が乱高下するような食生活を控えることが大切ですね😀

カテゴリー
タグ

この記事を書いた人

前田 晴代

前田 晴代

サンナナサロン®︎のプロデューサーで株式会社MEETSHOPの看板娘。サンナナの店頭ではお客様と一緒に「健康は楽しい♪」といつも笑っています。

SEARCH

よく見られている記事

新着記事

カテゴリー

タグ

SEARCH