37サロン

「副交感神経に入る」ことをサンナナサロン®︎流に定義すると

2020.03.04

 

サンナナサロン®︎では「副交感神経に入る」っていう表現をしているのですが、現代人の皆さんは忙しすぎて副交感神経の入り方を忘れてしまっている方が実はとっても多いのです。

 

 

交感神経モードと副交感神経モード

 

サンナナサロン®︎流に交感神経と副交感神経を定義すると…

 

●交感神経モード=カラダが「ON」
●副交感神経モード=カラダが「OFF」

 

と言えると思います。

 

 

つまり仕事やストレスで緊張状態ならばカラダずっと交感神経モードです。スイッチが「ON」に入りっぱなしということになります。

 

電化製品でも何でも使わない時はスイッチを切った方が寿命は長持ちですよね。

 

私たちのカラダも同じことが言えて、やっぱりスイッチ「ON」ばかりだと良くないんですよね。

 

 

副交感神経に入るとどうなるの?

 

副交感神経に入ると何がいいかっていうと…

 

カラダがデトックスのモードになるのでいろんな有毒物質(重金属イオンやストレスなど)を体外に排出しようとするんです。

 

●副交感神経モードのカラダの反応
 ・唾液が出る(唾液は消化液)
 ・胃液(胃酸)などの分泌が増える
 ・胃腸がよく動き下痢に傾く
 ・心拍数が減る

 

つまり…便秘の人はずっと交感神経に入りっぱなし。副交感神経モードになって排泄(排便)モードになっていないことも原因の一つと考えられています。

 

「OFF」モードをカラダが忘れっぱなしで良いはずがありません。

 

その状態が積み重なると「自律神経失調症」っていう病名がつけられたりしてなかなかややこしいことになったりします。

 

 

「OFF」副交感神経モードを定義すると?

 

私たちがサンナナサロン®︎でやっていることの一つとしてお客様に「副交感神経に入る」方法を思い出してもらう、ということがあります。

 

(お客様に、というより、お客様のカラダに、という表現が正しいですが🙂)

 

私たちには交感神経/副交感神経の状態を可視化するテクノロジーがあって、それで毎回チェックしています。

 

この「副交感神経に入る」体験というのは…

 

おそらく多分ですけどゾーンに近いものがあると思っています。超集中するのがゾーンなので…言ってみれば「逆ゾーン」つまり超リラックスするワケです。

 

「副交感神経に入る」ことは「逆ゾーンに入る」こと。

 

こう覚えておいて頂けたら♪と思います🙂

 

 

いま流行りの「サ道」も実は「逆ゾーン」!?

 

多分ですが…

 

いま流行りの「サ道(サウナ道のことw)」の「整う」っていうのは、私たちがいうところの「副交感神経に入る」っていうことだと思います。

 

つまり副交感神経モードに入ることは人工的に可能で!

 

入浴法や生活習慣改善で実現できたりします。

 

 

こんなストレスばかりの毎日なので〜

 

しっかり「副交感神経に入る」習慣をつけて余計なものは体外に出して欲しいと思います♪

カテゴリー
タグ

この記事を書いた人

前田 晴代

前田 晴代

サンナナサロン®︎のプロデューサーで株式会社MEETSHOPの看板娘。サンナナの店頭ではお客様と一緒に「健康は楽しい♪」といつも笑っています。

SEARCH

よく見られている記事

新着記事

カテゴリー

タグ

SEARCH