37サロン

ダイエットや禁酒は三日坊主でよい【発想の転換】

2020.01.07

 

私たちサンナナサロン®︎のお客様は20~60代の男性女性の方が多いです(男性:女性=4:6くらい)。

 

 

バリバリの働き盛り!で仕事やプライベートでのご自身のカラダのパフォーマンスを少しでも上げようと考えておられる方が多いように思います。

 

 

 

毎日が外食で野菜が不足気味の食生活

 

野菜を食べなきゃいけないのは分かっている。

 

でも一人暮らしで自炊をするのが億劫(おっくう)だったり、仕事の付き合いで毎日のように外食するせいで野菜が慢性的に不足気味。

 

そんなお客様は3週間に一度のペースでサンナナサロン®︎にメンテナンスに来てくださっています。

 

 

 

 

「サンナナサロン®︎にきた後は数日~1週間ほどぐっすり眠れる」

 

サンナナサロン®︎で施術を受けた後はぐっすり眠れる期間が続くようです。

 

食生活に関してもサンナナサロン®︎に来店した後は数日は意識して野菜を多めに食べたりするそう。

 

 

一駅分を電車でなく徒歩で移動するなど運動をしたりして、ちょっとだけ意識が高まってカラダにいい行動を取るようにしてくださっているようです。

 

でも…お客様は恥ずかしそうに仰います。

 

「でも三日坊主なんだけどね。忙しさにかまけて続かないんだよ」

 

 

 

 

三日坊主でも良いサンナナサロン®︎的な理由

 

私たちサンナナサロン®︎的には三日坊主でも全然OKだと思います。

 

なぜ?三日坊主でいいの?

 

答えはシンプルです。

 

 

例えば、お客様は3週間に一度サンナナサロン®︎でメンテナンスをされているとします。

 

1年365日は52週間なので、3週間に一度サンナナに来てくださるってことは一年間に約17回サンナナでメンテナンスされる計算になります。

 

 

サンナナでメンテナンスされる度にお客様の仰る「三日坊主」を続けていたら…どうなるでしょう?

 

三日坊主×17回=51日

 

…です!

 

つまり一年365日のうちの51日(つまり1ヶ月半)も!カラダにいい生活を送っていることになるのです。

 

 

三日坊主が無ければ…この51日間もゼロですよね。

 

 

 

「続けなきゃ」って気持ちが逆にストレスになる

 

また逆に、まじめに「続けなきゃ」という気持ちはストレスになってしまいます。

 

ストレスがかかるとカラダは素直に反応します

 

そのストレスに対応しようとしてアドレナリンを分泌し血糖値を上げ、上がりすぎた血糖値を下げるためにインスリンを大量に分泌します(前回の記事でまとめた「血糖値スパイク」という症状)

 

ゆるーく。自分のできるペースで。

 

それがサンナナサロン®︎流です♬

 

カテゴリー
タグ

この記事を書いた人

前田 晴代

前田 晴代

サンナナサロン®︎のプロデューサーで株式会社MEETSHOPの看板娘。サンナナの店頭ではお客様と一緒に「健康は楽しい♪」といつも笑っています。

SEARCH

よく見られている記事

新着記事

カテゴリー

タグ

SEARCH