37サロン

近頃流行の「フェリチン」って何??

2019.06.01

 

「貧血撲滅委員会」を進めています

 

私たちは「貧血撲滅委員会」って勝手に名乗ってしまって!冷えや貧血からくるカラダの「なんとなく不調」を少しでも解消するお手伝いができたらいいな〜なんて思っています?

そんな貧血撲滅委員会の私にとって…近ごろは鉄分に対する関心?が高まってきているな?というフシがあります。

 

 

「フェリチン」って何?

 

フェリチンというのは一般的に「貯蔵鉄」と呼ばれているものです。私たちのカラダの中にある鉄分はぜんぶで3〜5グラムと言われています(少しでびっくり!?)。

 

この鉄分のうち7割ほどが血液中の中に取り込まれて(ヘモグロビンの一部に取り込まれて)酸素の運搬に役立っています。

 

残りの3割は…フェリチンと呼ばれるたんぱく質とくっついて「貯蔵鉄」として主に肝臓に蓄えられます。私たちはカラダの中に含まれている鉄分の量をフェリチンをうまく使うことでコントロールしていると言われています。

 

 

風邪菌などのエネルギー源は鉄分

 

私たちのカラダは(例えば)風邪を引くと…

 

 

●カラダの鉄分をできるだけフェリチンに変える

●肝臓に鉄分として蓄えようとする
 ↓

●風邪の細胞のエネルギー源がなくなる
 ↓

●風邪の細胞をやっつける
 ↓

●風邪が治れば貯蔵鉄を解放して血液中に流す

 

 

…つまり!カラダはフェリチンをうまく活用することで病気の細胞をいわば「兵糧攻め」にしているんですね。

 

 

近ごろはフェリチンのサプリメントも販売されていたりします。

 

 

フェリチンって何なの?という興味をちょっと持つだけで♬カラダの鉄分不足解消の手がかりが見つかるかも♬ですね?

カテゴリー
タグ

SEARCH

よく見られている記事

新着記事

カテゴリー

タグ

SEARCH