37サロン

食後の眠けを防ぐ方法TOP2!昼間に眠くなる原因とは?

2021.07.07

 

お昼ご飯を食べたあとは眠くて仕事がはかどらない…

 

食後にくる眠気は、集中力が途切れてしまって仕事や勉強が進みませんよね。

 

わたしもいつも午後は眠たくなってしまいます。

 

食後眠たくなってしまい仕事が出来なくなる女性のイメージ

 

そこで今回は、、

 

こんなかんじでいってみたいと思います!

 

今日からできる食後眠くならないための行動も2つ!お伝えしますのでぜひ参考にしてくださいね。

 

ランチタイムの後必ず睡魔に襲われて寝昼寝をしてしまう男性のイメージ

食後に眠くなる理由って?

 

そもそもどうして食後眠気におそわれてしまうのでしょうか?

 

その原因は「血糖値」にあります。

 

順番に説明しますね。

 

血糖値とは、血液中に糖がどれだけ含まれているかを表したものです。

 

血液はカラダ中に栄養を運ぶ働きがあります。血液が糖をカラダの隅々に運んでくれるおかげで、しっかり脳が働いたり筋肉を動かすことができるんです。

 

血液はカラダ中に栄養を運ぶ働きがあることを表したカラダの一部のイメージ

 

こう聞くと、血液中に糖が多い状態(血糖値が高い)というのはそんなに悪いものではなさそうですよね。

 

しかし、血糖値が高くなることが食後の眠気を引き起こしてしまうんです。

 

どういうことか?食事をするときにカラダでおこる変化をみていきましょう。

 

まず、わたしたちは食事から糖をとりいれます。

 

そのとき、血液中の糖が増えるので血糖値が上がります。

 

空腹時(血液中に糖が少ない状態)はとくに食事によって一気に糖が入ってきますので、血糖値は急上昇します。

 

空腹時に食事をとると血糖値が急上昇することを分かりやすく表したグラフ画像

 

上がりすぎた血糖値はその後どうなるかというと…

 

急降下します。

 

このとき何が起こっているのかというと、、

 

血糖値が急上昇したことによって「インスリン」というホルモンが分泌されます。

 

インスリンが糖を血液中から体内へ取り込むことで、血糖値を下げようと働くんです。

 

空腹時に食事をとると血糖値が急上昇し、その後インスリンが分泌されることをわかりやすくグラフにまとめた画像

 

こうして血糖値が下がった状態のことを「低血糖」といいます。

 

低血糖になると眠気に襲われてしまいます。

 

⚫︎食事をする

⚫︎血糖値が急上昇する

⚫︎インスリンが分泌される

⚫︎血糖値が急降下する

⚫︎低血糖になり眠たくなる

 

血糖値の乱れが食後の眠気の原因なんですね。すなわち、血糖値を安定させることができれば、食後の眠気を抑えられるということ!

 

 

お昼ご飯のあと眠気に勝てず眠ってしまう猫のイメージ

眠気を抑える方法

 

それでは、具体的になにをすれば血糖値の急上昇・急降下を防ぐことができるのか?お伝えしていきます!

 

①炭水化物は最後に食べる!

 

さきほど説明したように、空腹時に糖質を摂ると血液中の糖が一気に増えて、血糖値が急上昇してしまいます。

 

そこで気をつけて欲しいのが、食べる順番です。

 

ふだんのお昼ご飯を思い出してみてください。一番初めに何から食べていますか?

 

糖質の高い米やパンなどの炭水化物から食べ始めてしまうと、血糖値が急上昇してしまいます。

 

ヘルシーなものから食べるよう意識してみてください。すると、ゆるやかに血糖値が上がるので、血糖値の急降下を防ぐことができます。

 

⚫︎ヘルシーなものから食べ始める

⚫︎さいごに炭水化物

 

このような食事の順番を習慣化すれば食後の眠気が軽減できます。

 

食後眠たくならない方法として食べる順番を気にする男性のイメージ

②食後に軽い運動をする

 

食事をしたあと座ったまま、そのまま横になってしまう…という方は、一度カラダを起こして軽く動いてみましょう。

 

オタゴ大学の記事によると、食後の血糖値の上昇を抑える手段として、運動の実施が推奨されています。

 

有酸素運動を実施すると、活動筋でのグルコース取り込みや血流量の増加によるクリアランスの 亢進により、血中グルコース濃度の速やかな低下が認められる

 

有酸素運動をすることによって、食後上がった血糖値を速やかに下げることができるそうです。

 

有酸素運動の中でもとくにおすすめなのはウォーキングです。

 

簡単に出来て、食後の満腹な状態にちょうど良い運動になります。

 

食後30~1時間の間に10分程度ウォーキングをしてみてください。

 

すこしカラダを動かすだけでも血糖値の急上昇が抑えられ、眠気が軽減されます。また、お昼休憩と午後からの活動のメリハリもつけられますよ。

 

 

眠たくなってしまう原因の糖質の高いお昼ご飯のイメージ

まとめ

食事をすると血糖値の急上昇→急降下がおこってしまいます。

 

血糖値が急降下したときに低血糖になり、この状態が眠気を催します。

 

⚫︎食べる順番(炭水化物は最後)

⚫︎食後に軽い有酸素運動(10分程度で◎)

 

血糖値の乱れを軽減させる2つの方法を紹介しました!

 

これらを参考にして、午後の眠気に負けないように頑張りましょう!

 

カテゴリー
タグ

この記事を書いた人

かなこ

かなこ

サンナナサロンの「カラダの勉強会」で勉強中。【冷え】【便秘】が長年の悩み。パンや甘いものが大好きな私でも、はるよさんに教えてもらった「体質改善」でカラダの悩みを改善できるのか?実践中

SEARCH

よく見られている記事

新着記事

カテゴリー

タグ

SEARCH