金運アップにつながる正しい財布の使い方

金運アップのための財布の使い方

財布には、金運アップにつながるためのある「法則」というものがあります。

お金が入っていきたい、と思うような財布の使い方をすると、自然と金運アップが期待できます。今回は金運を上げるための正しい財布の使い方について紹介します。

金運アップにつながるための、ある財布の法則とは?

みなさん、色んな財布を持っていると思いますが、金運アップするには、どのように財布を扱っていけばもっとお金が入るようになるのでしょうか。

財布の寿命

財布の寿命は3年を過ぎると運気を下げる、と言われています。

もしもあなたが今使っている財布が汚れていたり、修復不可能なくらい壊れていたら、新しい財布を購入すべきです。壊れた財布は、お金が嫌います。お金もキレイな場所が好きです。

新しく財布を新調したら、ムダ使いがなくなったという話も聞きます。

お札の向きは揃えておく

偉人の頭を下側(逆向き)に揃えてお札を入れると、お金が出ていかないといわれています。お札の種類は同じにして、それぞれまとめるようにもすることで運気も上がります。

お金以外に余分なものは入れっぱなしにしない

お金はキレイに整頓された財布を好みます。そのため、レシートやカードなどは必要以上に入れないようにしましょう。

ポイントカードも財布ではなく、別の場所に入れる方がいいです。また、小銭もできれば小銭入れに入れるなど別々にすか、もしくは少ないほうがベターです。

また、クレジットカードは後払いであることから、「借金」の一種であり、金運的には良くないアイテムです。せっかく金運を上げようとしているのに、常に借金を携帯していることになり、知らず知らずのうちに使いすぎてた・・・ということにもなりかねません。

お札を沢山入れる

お金は「仲間=お金」がある場所を好んで集まってきます。 そのため、1万円札を1枚だけ入れるよりも、千円札を10枚と多くの札を入れて仲間を増やしてあげることで、運気も上がります。

だからと言っていつもお金があるとは限りません。そんな時は、お金と同じサイズの紙を切って財布の中に入れても金運の効果があるようです。

財布はカバンから出しておく

財布の保管場所ですが、主婦はそのままカバンの中や、キッチンの近くに置くことがありますが、どちらもおすすめしません。

カバンの場合は、カバンの中から財布を出し、決まった場所に置いてお財布を休ませてあげましょう。もしもカバン中に入れておくにしても、床は足が直接付く場所であり、邪気が溜まりやすい場所です。そんなところに財布を置いてしまっていては、財布自体に邪気が溜まってしまいます。

また、キッチンは「火」の気が強すぎる場所です。お金の「金」の気を溶かして燃やしてしまいます。そのため、キッチンにも置かないようにした方が良いのです。

おすすめは、北の部屋の押し入れやタンスの中、引き出しの中です。

金運がアップするおすすめの色は茶色

財布の色は、あまり気にせず気に入った色を選ぶ傾向があります。しかし風水でみると「茶色」を選ぶのがベストです。

逆におすすめしないのは「赤」です。赤はキッチンでの保管場所と同じく、「火」を意味しているため、お金を燃やしてしまいます。結果的に金運が逃げてしまうため、赤の財布を持っているとお金が貯まらなくなってしまいます。

また男女問わず人気の高い「青」ですが、意外にも「青」はおすすめしません。青は「水」を意味します。「水」は、湯水のようにお金を使ってしまう、お金を濡らし、使い物にならなくなるという意味合いで、金運が下がるためです。

財布はお金にとってとっても重要な場所です。金運の要と言っても過言ではありません。お金を大切に扱うためには、上記の法則を守り、運気をアップさせてもらえるよう居座っていてほしいですね。

関連記事

  1. 色の活用法

    運を呼び寄せる色の活用法

  2. 夢占い

    見た夢であなたの今の心理状態がわかる

  3. 2017年の風水ラッキーカラー

    2017年の風水ラッキーカラーとは?