運を呼び寄せる色の活用法

色の活用法

私たちの何げない生活の中で、至るところで影響を受けているのが「色」です。独自の色、または色と色が交わり合うことで、人の気持ちを動かします。

色には誰もが共通するイメージがあり、メッセージが込められています。例えば、赤色だったらあなたはどのようなイメージを想像しますか?

赤は情熱的であり活気に満ちています。神経を興奮させる心理的効果が働き、デートの時に赤の洋服を着ると女性を最大限に魅力的に見せてくれるため、よい雰囲気になるかもしれません。また仕事では、大切な商談があるとき、「ここぞ」という勝負日などでは、赤いネクタイや赤ペンを持参し、「活気=やる気」と「情熱」を見せることで、仕事が上手くいくでしょう。

ちなみにマクドナルドのロゴマークは「M」の文字に黄色、そしてその周りの色に赤を多く使っています。黄色の面積よりも赤をたくさん使うことで、黄色の「人の目を引く」効果を先ず出してから、赤色で食欲をそそる、そして黄色と赤の2色を入れることで、飽きられやすく、「客席回転率」を上げることが出来ます。

また、ユニクロは白の文字に、その周りの色はマクドナルドと同様に赤色です。この赤と白の組み合わせは、活動的で積極的な姿勢をアピールするのに適切な色です。この赤と白をコーポレートカラーとしている企業は、ユニクロの他にはコカコーラや明治、他にもホンダやyahoo、docomoなど至る所で使われています。

アメリカでは、ロゴマークは「赤」と「青」のどちらかが圧倒的に多いそうです。

日本では青が使われている企業は、銀行やアサヒ・サッポロなどのビール会社、リクルート、全日空など、青色の持つ信頼感・安心感、誠実さなどの落ち着いた印象を与えることができます。

色を上手に利用することで、自分や相手の気分をコントロールすることができるのです。ただし、そうしたいがために極端に色を使い過ぎると、身体に悪影響が出るとも限りません。

バランスが大事です。

偏り過ぎず、いろいろな色を適度に取り入れ、より生活が豊かになれば理想です。

関連記事

  1. 2017年の風水ラッキーカラー

    2017年の風水ラッキーカラーとは?

  2. 夢占い

    見た夢であなたの今の心理状態がわかる

  3. 金運アップのための財布の使い方

    金運アップにつながる正しい財布の使い方