再生因子ジェネティックファクター

再生因子とは?

元来、医療現場で病気を治す目的のために研究開発されていた再生因子(ジェネティックファクター) は、壊れてしまった細胞を修復する「幹細胞」から生まれるたんぱく質であり、皮膚はもちろんのこと血管や骨、臓器までも再生可能な万能因子と言われています。

これは、化粧品業界で有名な、アンチエイジングための細胞増殖因子(グロスファクター)とは 異なる新素材で、自分の細胞を活性化、働かせるといった「次世代再生因子」を使用した施術となります。

成長因子は数百種以上存在し、一種類だけでは細胞の再生は不可能でしたが、それに対して、再生因子はその数百種以上の成長因子の集合体であり、再生因子によって細胞再生を可能にすることが最新の研究で証明されてきています。

再生因子投与は幹細胞やiPS細胞を使った細胞移植と、同等同様の作用があることがわかっています。iPS細胞やES細胞等の遺伝子組換えをした細胞の移植は、実用化に向け多くの課題があります。しかし、再生因子投与は細胞を使うことがない為、倫理的な問題や拒絶反応などの問題をクリアしています。

医療の現場では再生因子を使用した、傷跡の治療、薄毛治療、脳梗塞、肝硬変、糖尿病の治療などの研究が進んでいます。

(一部、一般社団法人再生因子フォーラムより抜粋)
薄毛に働きかける再生因子

ジェネティックファクター社で使用している再生因子は、不死化幹細胞からの産生物による事で、成分の基準化が可能になりました。

現在、臨床研究で使用している再生因子は、医療現場で静脈注射や鼻からの点滴投与という形で、直接体内に入れた臨床研究が進んでいます。医療現場で使われている再生因子と、理美容業で使用している再生因子は、ヒト由来と非ヒト由来の違いがあります。しかし品質自体はほぼ変わりません。

そして理美容・エステサロンにおいては、イオン浸透方式の技術で使用しています。

再生因子が作られるまで

幹細胞には次の種類があります。
歯髄幹細胞
①歯髄幹細胞
②脂肪幹細胞
③胎盤幹細胞
④骨髄幹細胞

それぞれの細胞が持つ能力、効能効果に合わせて幹細胞の使い分けを行っています。

①ウィルスフリーテストをした幹細胞を培養
②培養中に幹細胞から産生された生理活性物質の上澄みだけを分離
③培養中・培養後に培養液が感染をおこしていないかコンタミネーションテストを実施
④分離した培養上清だけを凍結乾燥させ、ジェネティックファクターを製造

頭皮を蘇らせる再生因子育毛とは?

再生因子(ジェネティックファクター)は、非ヒト由来であるブタ由来幹細胞を血清で培養した後、遠心分離によってとりだした上澄み液からつくられています。そして「再生因子育毛」は、自分の細胞を活性化させて自らの細胞を働かせるといった最新のトリートメント、「次世代再生因子」を使用した施術を行っています。

そのため、従来の、育毛剤や発毛剤を使用しながらその場しのぎでの防止や、薬を飲用しながら副作用を気にするなどの治療とはうってかわり、「再生因子育毛」の開発によって全く新しい薄毛治療法が誕生したのです。

Prenzelを利用した育毛効果

prenzelを利用した育毛効果Prenzel(プレンツェル)の主原料であるジェネティックファクター(再生因子)は、微分子の水に溶けイオン化します。マイナスイオン化した専用液にジェネティックファクター(再生因子)を溶かし電気的作用をつかって、フェイシャル全体のトリートメント作用を一層高めることで、その作用は液を髪に塗布する時と比較すると、数十倍から数百倍の効果が期待できるといわれています。

Prenzelを利用した発毛実例
発毛事例1
発毛事例2
 

※発毛効果には個人差があります。
※発毛実例は、一週間に1回の施術によるものです。

再生因子育毛の効果を更に上げる方法

この再生因子は、もちろん多くの育毛剤にも配合されています。そして、再生因子をより効果的に上げるには、頭皮(=頭蓋骨)の環境を整えるのが絶対です。加えて、基礎体温を上げて血液循環を整えてあげる(=頭皮に栄養を供給する)と更に効果がアップします。

これにより、次のような効果を得ることができます。

・頭皮の血行を促進させる
・毛母細胞の働きを活発にする
・頭皮、頭髪が次第に甦える

薄毛の一大原因のひとつである、血行不良を改善させる効果があります。血行が改善されることで、髪の毛の生成に必要不可欠な酸素や栄養が頭皮全体に行き渡るようになります。また、乱れて休止期になってしまったヘアサイクルを成長期に戻してあげることで、成長期に戻す効果があります。これにより、髪が抜けにくくなります。

再生因子には皮膚を再生させる働きがあります。それにより、毛母細胞を増殖させ活発にすることで髪の毛が次第に蘇り、生成しやすくなります。

 

 

37LABコース予約