腰痛治療!病院選びのポイント

腰痛治療

腰の痛みは、体を支える部分となるため、そこに痛みがあることで直立すること自体が困難になります。

そして、腰の痛みが強いときは、病院に行って治療を受けるのが安全です。ただし、その腰痛の症状によっては行くべき病院が異なってきます。

そこで今回は、腰痛治療するための病院選びのポイントについていくつかご紹介したいと思います。

病院選びのポイント

腰痛が起きる原因に、何となくでも思い当たることがあり、自分自身でこういう姿勢をとれば楽になる、ということがある程度わかっているのであれば、整形外科で診察を受けます。
腰痛 レントゲン
最初から、整骨院や接骨院に行く方もいらっしゃいますが、初めて受診される時は整形外科へ行くのが望ましいです。なぜなら、整形外科にはレントゲンがあり、整骨院や接骨院には、レントゲンがないからです。

痛みの原因が骨折していることによるものか、あるいは、単なる筋肉痛なのかは、レントゲンを撮って、画像で判断するしかわからないのです。

元来、整骨院や接骨院は、施術師が患部を目で見て、手で触ってみて診断するのが主たる手法です。どちらかといえば、打撲や捻挫、脱臼、骨折を治療するのがメインです。もし、骨そのものに起因する病気によっての症状があった場合は、正確な診断は非常に難しいでしょう。

そういったことを考えた上で、どの病院に行くかを決めます。

その他の病院を受診する可能性は?

腰痛 受診
腰痛に合わせて排尿痛や血便などといった症状が出ている場合は、泌尿器科を受診する必要があります。なぜなら、腰椎の先にある末梢神経でトラブルが発生している可能性があるかもしれないからです。

腰痛は内臓が原因で起こっていることも考えられ、その要因には膵炎や胆石などがあります。胆石は、腹痛だけでなく肩こりや腰痛などの症状も出るため、単に整形外科や整骨院や接骨院だけで決められないこともあるのです。

さらに、女性の場合は、別な面からの注意が求められます。いわゆる女性特有の腰痛というのがあります。
受診
腰が痛むため検査してみた結果、子宮筋腫であったり、子宮外妊娠であったするという事例も実際にあります。このようなケースでも、整骨院や接骨院では明確な診断が下されることはあまり期待できません。

また、月経のときに腰痛を感じる場合も、痛みがあまりひどいのであれば、婦人科で相談してみる方がいいでしょう。

 

腰痛においても、さまざまな原因が発端となり、筋肉が緊張(=コリ)し、血行不良によっておこります。当サロンでは、基礎代謝を上げることで、新陳代謝を促進、体のターンオーバーを整えることで腰痛を改善することが可能な施術を行っております。まずはお気軽にご連絡ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 腰痛の原因

    女性に多い、腰痛の原因とは?

  2. ダイエット

    ダイエットの基本とは?痩せられない原因と痩せやすい体作り

  3. マッサージが重要な3つの理由

  4. 女性の円形脱毛症

    女性の円形脱毛症の原因とは?更年期障害との関係性

  5. 女性に多い甲状腺

    女性に多い甲状腺!健康を維持する3つの方法

  6. 産後の腰痛

    産後の腰痛、原因と対策【寝方のポイント】