うつ伏せで寝ると腰痛がひどくなるって本当!?

うつ伏せで寝ると腰痛がひどくなる

寝方次第によっては腰痛がひどくなるといわれています。

寝る体勢は、仰向けの時間が長い、横向きが楽、うつ伏せが落ち着くなど人それぞれです。睡眠は一日の疲れを取り、体調を整えるためのなくてはならない大事なものですが、その寝方によっては逆に疲れがとれずに腰痛を引き起こしてしまうこともあります。

今回は、腰痛の方にとって負担にならない寝方とはどんな寝方なのかについて、紹介したいと思います。

腰痛を引き起こす原因とは?

腰痛を引き起こす原因には、筋肉の疲労やこわばり、骨格の歪み、血行不良などがありますが、このようなことが寝ている間に生じることがあります。よく寝起きに腰が痛いと聞くことがありますが、その原因は概ね、寝ているときの体勢が考えられます。

うつ伏せで寝るのも腰に負荷をかけて痛みを引き越す原因になります。この体勢を長い時間していることで、腰が反った体勢になり圧がかかります。さらにこのような寝方は、どうしても顔の向きが左か右に向くようになり股関節のゆがみなどに繋がってしまいます。

人の睡眠時には無意識のうちに何回も寝返りを打ちますが、この行為は体の同じ場所が床について圧がかかり、血行不良にならないためです。寝返りを打つことで体全体に血液を行き渡らせて疲労回復がされます。

使っている枕も自分に合っているかを確かめましょう。枕が高すぎたり低すぎたりすると寝返りを打ちづらくなります。そのため、血行不良になって腰痛にならないために寝返りをしやすい環境が大切です。寝返りをするのにも力が要ります。寝返りは無意識のうちにするものですが、腹筋で寝返りをうったり脚を使ってしているといわれています。

どちらにしても、腹筋と脚の力が必要となります。筋肉を強くするために腹筋を鍛えることやウォーキングなどで脚の筋力を強めることが大事です。

十分な睡眠をとるのが大事なように寝る姿勢も大切です。腰に負担がかかりやすいうつ伏せはなるべくしないことが良いとされています。そして、朝目覚めたらゆっくりとストレッチをすることがおすすめです。骨格を整え筋肉のこわばりをほぐすことができますので腰痛対策になります。

 

腰痛においても、さまざまな原因が発端となり、筋肉が緊張(=コリ)し、血行不良によっておこります。当サロンでは、基礎代謝を上げることで、新陳代謝を促進、体のターンオーバーを整えることで腰痛を改善することが可能な施術を行っております。まずはお気軽にご連絡ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 老化を早める危険な食べ物

    老化を早める危険な食べ物とは?

  2. 美容 冷え

    末端四肢型冷え性の原因とは?

  3. 甲状腺の病気

    甲状腺の病気

  4. 頭皮の臭い

    頭皮の臭いを改善するための生活習慣とは?

  5. 老け顔に見える原因

    老け顔に見える原因とは?若く見える人との決定的な違いとは?

  6. 恋愛依存症

    恋愛依存症を治す方法!依存体質を克服する方法