腰痛を改善するための正しい寝方

腰痛を改善

腰痛持ちの人にとって、寝るときにまで襲われる腰の痛みは悩みの種でしょう。

せめて寝ている間は痛みを気にせず、心地よく眠りたいものです。寝方を変えるだけで腰痛が治ってしまうことはありませんが、工夫すれば、寝ている間の痛みを改善することはできます。

このページでは、少しでも腰痛を和らげるような寝方について紹介したいと思います。

腰痛改善の正しい寝方とは?

腰痛にも種類がありますが、痛い箇所に力が入っているということは無いでしょうか。患部に硬さがあれば筋肉が緊張状態にあります。つまり、腰に力が入っている状態ということになりますが、そんな状態で寝ても腰を休ませているとは言えないですよね。
猫背
これは無意識によるものですが、この緊張状態を和らげることによって痛みを和らげるか、痛みをなくすことが出来ます。

人間にとって良い姿勢は仰向けです。立っている時、座っている時の理想的な姿勢は背筋を伸ばしているものです。横になるときも例外ではありません。ところが、腰が痛いのに仰向けで寝ると、腰が反り過ぎたりお尻が沈みすぎて猫背のような状態になったりで痛みが増したりします。そのため、いかに腰に負担のない姿勢で寝るかを考えるべきでしょう。

仰向けでも、少し姿勢を変えたり手足の位置を変えたりして痛みを感じないのであれば、それで問題ありません。背が反った感じになって痛いのであれば、膝の下にクッションを入れて膝を曲げてみましょう。あるいは、お尻が沈んでいる感じなら固めの布団に替えてみましょう。

それでも痛いのなら姿勢を変えてはどうでしょうか。横向きになって、背中と膝を軽く曲げて丸くなるようにして寝てみましょう。抱き枕を抱いてみるのも手です。抱き枕の代わりに膝と膝の間に座布団を挟み込んで寝るのもいいでしょう。

うつ伏せに寝るのは腰を反らせすぎるかも知れないので気をつける必要があります。しかし、うつ伏せで痛みを感じないのであれば、自分に合った寝方なのかもしれません。それなら、片脚の膝を曲げて横に出すようにして寝てみましょう。そうすれば、腰が反り過ぎたりはしません。あとは、できるだけリラックスして寝るのも大事です。

寝過ぎると腰痛になることもあるので注意!

身体に負担のないように寝たとしても、寝過ぎが原因で腰痛になることもあります。
寝過ぎ
「まさか!」と思いますが、例えば風邪をこじらせ寝る生活を送っていたら、ある日、腰に違和感を感じるようになり、それが腰痛だった、ということもあるのです。

寝ている間は身体は通常起きている時よりも、血液の循環が悪くなります。血液循環の減少によって、筋肉の緊張を招き、それが腰痛につながっていると考えられます。

 

腰痛においても、さまざまな原因が発端となり、筋肉が緊張(=コリ)し、血行不良によっておこります。当サロンでは、基礎代謝を上げることで、新陳代謝を促進、体のターンオーバーを整えることで腰痛を改善することが可能な施術を行っております。まずはお気軽にご連絡ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 恋愛依存症

    恋愛依存症を治す方法!依存体質を克服する方法

  2. 高血圧

    高血圧の原因と身近でできる対策とは?

  3. 美容 冷え

    そもそも冷え性は、なぜおこる?

  4. 甘いもの依存症

    【甘いもの依存症】砂糖が止められない理由と、克服するには?

  5. 甲状腺の病気

    甲状腺の病気

  6. 下半身型冷え性

    下半身型冷え性になる原因。改善策は?