ヒートショックプロテインを効果的に増やす3つの方法

ヒートショックプロテイン

最近よく耳にするヒートショックプロテイン(HSP)このHSPは身体の中にありタンパク質でエイジングケアにとってとっても欠かせない強い味方なのです。美容には欠かせない大切な成分なのです。ですので、HSPを効果的に増やす為の方法
をご紹介していきます。

ヒートショックプロテインって?

ヒートショックプロテイン(HSP)とは、傷んだ細胞を修復する働きを持つたんぱく質の事です。免疫力を高めて病気を防いだり、コラーゲンの減少を抑えたり、代謝を活発的にして脂肪を燃やしたり、乳酸の働きを抑えるなど、身体にとってとても有り難い存在なのです。このHSPが増える事のよって身体が健康にもなりますし、美容にも欠かせない大切なものなのです。そもそも、私たちの身体は皮膚や筋肉、血管などあらゆる組織や細胞がたんぱく質で出来ています。しかし、紫外線やウィルスなど外部からのストレスによりたんぱく質が傷ついて正常な働きが出来なくなってしまうのです。その一方でたんぱく質が傷つくとそれらを修復しようと働くたんぱく質がうまれるのですが、それがヒートショックプロテインなのです。

ヒートショックプロテインと熱

ヒートショックプロテインは身体に熱によりストレスが加わる事により体内で作られる量が増加します。最近では42度の洗顔とか、野菜を50度で洗うとレタスなどの野菜がシャキッとするなんて話を聞いたこともあると思うのですが、実はこれはHSPがいい影響を受けて与えているからなのです。

HSPを増やす効果的な方法1

まずは入浴です。これは生活をしている上で一番簡単な方法です。入浴の熱によってストレスを与える方法です。温度の基準は40〜42℃のちょっと熱い!と感じる温度です。42℃のお湯なら10分ほど 41℃なら15分 40℃なら20分と身体を温めて下さい。その時には必ずお風呂に入る前に水分補給をしましょう。そして、いつもより、少し熱いと感じる温度、または少し熱めでも気持ちいいと感じる温度で行なって下さい。ですので、心臓に負担がかかる場合がありますので、高血圧の方は注意してください。そして、この方法のお風呂は週に2回程行うのが効果的です。

HSPを増やす効果的な方法2

顔だけヒートショック!顔は浴槽の中には入れれませんよね。顔は顔でHSPを増やしましょう。顔には蒸しタオルがお勧めです。蒸しタオルを使うときは温度差を利用します。蒸しタオルを使う前に顔を冷やしておきましょう。冷水で構いません。そのあとに蒸しタオルを顔に当てます。蒸しタオルをする前に乾燥を防ぐためにクリームや化粧水などをつけておくと浸透しやすくなりますので、お肌がふっくらしてきます。そして、洗顔をするときにも42℃のお湯で洗うのもHSPで効果があります。

HSPを増やす効果的な方法3

運動で増やす。。HSPの活性化を行うには筋トレと有酸素運動を合わせて行うことがオススメです。スクワットや腕立てなどをしたあとに15分ほどウォーキングなどするといいでしょう。こちらも週2回ほど行うのがいいです。あまりやり過ぎるのも減少させてしまうかもしれないので、適度な運動がいいですね。

まとめ

HSPは年齢を重ねるにつれて減少すると言われています。歳を取ると傷が治りにくくなるのもそのせいです。加齢による新陳代謝やHSPの減少で身体が疲れやすくなったり、肌荒れや肌トラブルを招くとされています。そんな中身体にあえて熱を加えストレスを与えて再生をする方法が今注目されているのです。免疫や美容にも効果があると言われていますので、最近調子の悪い方や、体質を変えたいなんて思っている方は入浴方法や運動を加えてみたらいいですね。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 腰痛と寝方

    寝方にも原因がある!睡眠と腰痛の関係性

  2. 育毛に効果が期待できる食事

    育毛に効果が期待できる食事や食事の摂り方とは?

  3. βカロチンの働き、健康や美容効果について

  4. 男性の冷えのぼせ

    男性も以外に多い、冷えのぼせとは?

  5. 便秘の薬は飲み続けても大丈夫?(実は危ない便秘薬)

  6. 悪い油は体に悪い、その理由とは【実は油にも種類がある】②