自律神経を乱すストレスとは?関係性と原因

自律神経を乱すストレス

ストレスの感じ方は人によって違います。

嫌な人に会ったり、キライな人に会うと考えるだけでストレスを感じたりすることもあれば、渋滞でストレスを感じたり、会社の人付き合いでストレスを感じたりします。

人は、ストレスを感じると、イライラしたり、落ち込んだり、不安になったり、無力感になったり、憂鬱になるなどの精神的緊張や不安感を常に感じているようになります。

そうなると、自律神経も常に反応し、これが持続的に続くと自律神経失調症になります。そこで、今回はストレスによって自律神経が乱れるとどんな症状を併発するか、または、自律神経を和らげるストレス解消法などをご紹介したいと思います。

ストレスと自律神経失調症との関係とは?

そもそもストレスというのは、ほとんどの方が精神的なことが原因でストレスを感じると思っています。

しかし、ストレスの要因には精神的なものの他に、次のようなことも考えられます。

・体や脳によるストレス
・外的なものによるストレス
・環境によるストレス

体や脳によるストレス

「体や脳によるストレス」とは、姿勢の悪さや、骨盤や背骨・頭蓋骨などのゆがみ、風邪が長引いたりして体に及ぼす影響などの構造的なストレスのことを言います。
自律神経を乱すストレス
骨盤や背骨のゆがみや姿勢に悪さで自律神経失調症になるとは思ってもみないと思いますが、体のゆがみも大きく関係しています。

外的なものによるストレス

「外的なものによるストレス」とは、例えば排気ガスなどの化学物質や、栄養素から受けるストレスのことを言います。

栄養素が偏ったり不足していたり、逆に過剰に摂取していても、自ずとその情報が脳に伝わってストレスを感じるようになります。

環境によるストレス

「環境によるストレス」とは、温度が暑かったり寒かったり、生活習慣の変化から受けるストレスのことを言います。

例えば転勤などによるひとり暮らしなどのライフスタイルが変わることで、心身に影響を及ぼしストレスを感じるようになります。

ストレスは単に精神的なものだけでなく、上記のようなストレスによって、交感神経を過敏に働かせてしまいます。そのため、精神的なストレスが少ないにしても、他のストレスがプラスして加わることで、ストレスレベルがマックスになり、症状がひどくなり、自律神経失調症の症状を起こすようになるのです。

このように、ストレスと自律神経失調症との関係は深く、めまいや耳鳴り、不眠になったり食欲不振になると自律神経失調症の疑いが出てきます。

 

ストレスは単に精神的なものだけではありません。構造的なストレスである、「骨盤」「背骨」「頭蓋骨」などによるゆがみによって知らず知らずのうちにストレスを抱え込んでいることが多いのです。そのため、このまま放っておくと心と身体の両方に実に様々な影響を及ぼしてしまいます。
当サロンでは、「頭蓋骨矯正」による施術で心も身体も、ウチからもソトからもじっくりしっかりとアプローチしていきます。最近、体の調子が気になる方、ストレスを何かしら抱え込んでいる方はお気軽にご連絡ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 腰痛の効果的な薬膳料理

    腰痛の効果的な薬膳料理とは?

  2. 無性に辛いものが食べたくなるメカニズムとは?

  3. 美容 冷え

    もし病院に行くなら、「冷え性」って何科に行けばいいの?

  4. 美容 冷え

    「冷え性」と「冷え」の違い

  5. 頭皮のかゆみ

    頭皮がかゆくなる原因とは?薄毛や抜け毛との関係

  6. 美容 冷え

    末端四肢型冷え性の原因とは?