寝方にも原因がある!睡眠と腰痛の関係性

腰痛と寝方

朝、布団の中で目が覚めると、腰痛が酷くて起き上がれないという経験をしたことはないでしょうか?

たまに痛くなるぐらいなら我慢すれば自然と治ることもありますが、毎朝腰痛がキツイ方にとっては深刻な悩みとなっているでしょう。

今回は、睡眠と腰痛にはどんな関係性があるのか?また、腰痛を和らげるための寝方のポイントをご紹介したいと思います。

寝起きの腰痛の原因は寝方に問題ある?

腰痛は人によって起きるタイミングが違いますが、体を動かしたり掃除等の家事を済ませた後に痛くなる方は疲労が原因だと考えられます。

しかし、寝起きで腰が痛いということは原因が疲労だとは考えにくいです。睡眠中に体を休めているはずが、実は体に負担をかけていたということになってしまっています。

朝から腰が痛い場合は寝方に原因があると考えられます。眠る時の姿勢と言えば、仰向けやうつぶせ、右向き、左向きがあります。このうちどれか一つに偏っている方は、毎日同じ姿勢で眠っていることになります。
腰痛と寝方の関係
右向きになると落ち着くという方もいますし、反対に左向きの方がぐっすり眠れるという方もいるでしょう。うつぶせが好きな方もいますし、仰向けでなければ眠れないということもあります。つまり寝方は癖になってしまうもので、いつもと違う方向を向いてしまうとなかなか寝付けなくなってしまうのです。

布団の中で眠れない時間を過ごすよりはいつもと同じ姿勢で眠りについてしまった方がラクですから、結局はいつもと同じ方向を向いて同じ寝方をするでしょう。

しかし、これが腰痛の原因を作っていることが考えられるので、一度整形外科に行ってレントゲン写真を撮ってもらうとよいでしょう。もしかしたら腰が歪んで痛みを起こしている可能性もあるため、今以上に悪化させてしまうという事態も想定できます。

寝方以外の原因

睡眠と腰痛の関係性
また、布団の硬さが原因となって腰痛を引き起こす場合もあります。硬い敷き布団では寝返りがしにくいですし、柔らかい布団では腰が安定せずに痛みが強くなります。

今の布団が自分に合っているかを確かめることが大切です。硬いと感じているならマットレスを購入して柔らかくしましょう。反対に柔らかくなっている場合は買い替えてもいいでしょう。

 

腰痛においても、さまざまな原因が発端となり、筋肉が緊張(=コリ)し、血行不良によっておこります。当サロンでは、基礎代謝を上げることで、新陳代謝を促進、体のターンオーバーを整えることで腰痛を改善することが可能な施術を行っております。まずはお気軽にご連絡ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 更年期と円形脱毛症との関係

    更年期と円形脱毛症との関係【頭頂部、生え際の薄毛・抜け毛】

  2. コーヒーの飲み過ぎは鉄分不足を招くって本当?(ヘム鉄摂取で対…

  3. 美容 冷え

    そもそも冷え性は、なぜおこる?

  4. 便秘が炭酸水に効果的な理由

    便秘が炭酸水に効果的な理由とは?

  5. 老け顔に見える原因

    老け顔に見える原因とは?若く見える人との決定的な違いとは?

  6. 甲状腺疲労

    甲状腺疲労とは?