花粉による肌荒れ(原因と対策)

花粉の時期到来!!

だいぶ暖かくなってきたなと思うのもつかの間、辛―い時期が到来します。花粉です。この時期を通り越さないと本当の春はやって来ないのです。でも、本当に辛い花粉。花粉は年中飛んでいますが、花粉症で悩んでいる方の多くはこの時期ではないでしょうか。
そして、花粉によるアレルギー症状が出ると鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみなどの症状がおおいのですが、花粉による肌荒れもあります。この肌トラブルは花粉症皮膚炎とも呼ばれておりスキンケアやメイクにも影響を及ぼします。そんな花粉の時期はどのようなスキンケアや対策をしたらいいのでしょうか。今回は花粉により肌荒れやスキンケアの仕方などについてご紹介していきます。

花粉症皮膚炎とは

花粉症がもたらす症状はくしゃみや鼻水、目がかゆいだけではないのです。実は肌荒れによるかゆみの花粉症の症状の一つなのです。私は花粉症じゃないけど、肌のかゆみはあると言う方も多いのです。
花粉症皮膚炎は2月から4月の花粉が飛ぶ時期に起こりやすくなります。症状は肌の乾燥、ほのかな赤み、チリチリとくすぐったいようなかゆみが主な症状です。発祥部分は上まぶた、頬骨あたり、アゴ、クビなどの露出部分に多いようです。

花粉症皮膚炎の原因は

乾燥肌や敏感肌の方は要注意です。肌のバリア機能の低下により花粉やアレルギーゲンが皮膚に侵入するのを防げない事が原因とで起こります。乾燥肌や敏感肌の方の皮膚の表面はキメが乱れや角質のめくれなどが起こっており、外からの刺激が受けやすい状態になっています。特にアトピー性皮膚炎の人にも多くみられます。
花粉症による肌トラブルはそのほとんどが顔とクビに集中しています。これは顔やクビは衣類に覆われてなく、露出しているからです。花粉が直接肌についてしまっているのが原因なのです。

花粉症皮膚炎の対策

対策としては肌やクビに炎症が起こるので出来だけ露出を減らす事が大切になります。顔やクビなど肌を覆う服装にするように心がけましょう。外出をする際はメガネやマスク、帽子やストールを着用する方がいいでしょう。そして、花粉が肌に長時間付いているのも炎症につながりますので外から帰ってきたら洗顔やシャワーを浴びるなどをして花粉を落とすようにして下さい。顔を洗えない場合はタオルやブラッシングなどで落とす事も大切です。

荒れてしまったら

めが痒かったり、頬が痒くなっても目を擦ったり、各事を出来るだけしないようにしましょう。目の皮膚はとても薄く皮脂腺が少ないので、擦ってしまうとすぐに赤く腫れ上がったりします。出来るだけ摩擦をしないようにしましょう。もし、目や肌が痒くなったりしたら目や顔を洗いましょう。もし、洗えない場合はタオルを濡らして肌に当てたり、目薬を指すようにしましょう。

スキンケアはどうすればいい?

添加物が少ない、敏感肌用のスキンケアを使用する事をお勧めします。通常で使用しているスキンケア商品がピリピリする場合は一旦やめて低刺激のモノを選びましょう。化粧水を塗る時も摩擦が余計に刺激になってお肌を傷める場合もありますので、摩擦をしないで、抑えるように塗布します。コットンパックなどもオススメです。そして、乾燥している肌の場合はしっかりとこまめに保湿をして上げる事が大切になります。バリア機能の修復も必要となりますのでオーガニック商品を選ぶのもいいですね。

まとめ

敏感肌や乾燥肌の方、アトピー性皮膚炎の方は特に注意が必要な花粉症皮膚炎。まだ認知度が低いのですが、花粉によって引き起こる皮膚炎。2月頃から痒くなる方はこの皮膚炎に注意しましょう。この皮膚炎は花粉が肌に着かなければ抑える事が出来ますので、肌の露出は出来るだけ抑えるようにしましょうね。

 

当サロンでは、自らの細胞を活性化させ、働きかける、最新の成長因子を導入した育毛治療も行っております。
白髪はもちろんのこと、髪に関するご相談・施術を行っておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 美容の前にお肌の健康を気にしなくてはいけない理由

  2. 妊娠線

    産後妊娠線を消す方法!【予防とケア】

  3. 発熱が原因の便秘

    原因は便秘・・・?発熱が原因の便秘の思わぬ症状とは?

  4. 美容 冷え

    冷え性になる原因とは?

  5. 金属アレルギー ピアス

    金属アレルギーでピアスが辛い?症状と解消法とは?

  6. 買い物依存症

    【買い物依存症】ストレスが大きく関係するワケとは?