市販シャンプーの選び方!頭皮と髪に優しいシャンプーとは?

市販シャンプーの選び方

あなたは自分の髪に合ったシャンプーを使っていますか?

シャンプーの種類なんて山ほどあり、いったい何がいいのかよく分からない方も多いのではないでしょうか。今回は市販のシャンプーの種類と、頭皮と髪に優しいシャンプーとはどんなシャンプーなのか、選び方についてご紹介したいと思います。

シャンプーする一番の目的とは?

シャンプー選びのポイントは、自分の頭皮にあったものを選ぶのが一番ですが、シャンプーを使用する目的は「頭皮と髪を洗って髪を美しく健康に保つ」ことにあります。

そのため、みなさん勘違いされますが、髪の手触りが良くなるから自分に合ったベストなシャンプーだ、ということにはなりません。「髪を美しく健康に保つ」とは、毛髪をつくり出す頭皮内部を健康に保つためにシャンプーするのです。そのためには、頭皮の皮脂や髪についた汚れを落とすことが目的となります。

髪の手触りを良くするのはシャンプーではなく、トリートメントの役割になります。

そしてもう一つ勘違いされることは、泡立ちが良いから良いシャンプーというのも、そうではないのです。本当にどんなシャンプーが自分にとっていいのかどうかは、どんな成分が配合されているのか、把握する必要があります。

シャンプーの主成分は界面活性剤

シャンプーに入っている成分の90パーセント以上は「界面活性剤(かいめんかっせいざい)」と言われる成分と「水」でできています。

界面活性剤とは、よく台所でお皿を洗う洗剤と同じで、水と油を混ぜるようにするための成分のことを言います。本来なら水と油は混ざりません。しかし、この水と油を混ざるようにするのが界面活性剤の力なのです。

頭皮の皮脂の汚れは水だけでは落ちにくいため、界面活性剤を利用し、水と油を混ぜることで皮脂の汚れを剥がし落とします。そしてこの界面活性剤には、次のような主な3種類があります。

・アミノ酸系シャンプー
・高級アルコール系シャンプー
・石けん系シャンプー

(各シャンプーについての詳細を知りたい方は「正しいシャンプーの選び方」をご覧ください。)

そしてそれぞれの成分は以下のようになります。

アミノ酸系シャンプー:ラウリン酸、ココイルグルタミン酸、ヤシ油脂肪酸など
高級アルコール系シャンプー:ラウレス硫酸ナトリウム
石けん系シャンプー:脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウムなど
 

この中で、肌が弱い人などはアミノ酸系シャンプーを使用すると良いでしょう。アミノ酸系シャンプーは、髪や頭皮にとてもやさしいシャンプーです。そして、避けた方がいいシャンプーもあります。それはシャンプーに含まれているある成分です。

成分の中に「硫酸」と入っているシャンプーは、高級アルコール系のものに多いのですが、洗浄力がやや強いため、汚れ自体はしっかり落とすことができます。しかし洗浄力が強い分、頭皮への刺激が強く、かゆみやフケの原因につながります。

そのため、硫酸系洗浄剤が使われているシャンプーは市販シャンプーでも避けた方がいいでしょう。しかしドラッグストアなどでは、ほとんどが硫酸系洗浄剤が含まれている高級アルコール系界面活性剤を使ったシャンプーが多く販売されていました。

なぜならば、高級アルコール系の界面活性剤はコスト安く抑えられ、尚且つ洗浄力も強いため、扱いやすいからです。しかし美容室では、おすすめしないシャンプーだとも言われています。市販のシャンプーを購入するときは、容器の裏に書かれている成分表の中に「~硫酸」が表記してあれば、そのシャンプーは避けた方がいいでしょう。

髪に優しいアミノ酸系浄成分とは?

では、「硫酸」と書かれているシャンプーを避け、あとはどんなことに注意するといいのでしょうか。ここで、おすすめの成分をご紹介します。

ココイルグルタミン酸
ココイルグルタミン酸は、アミノ酸シャンプーの中でも特に安全性が高く、低刺激の成分です。そのため、皮膚や頭皮にもやさしく、しっとりした仕上がりが期待できます。

美容室では良く利用されています。デメリットはほとんどありませんが、敢えて言うならば、洗浄力が控え目で泡立ちは低めです。

ラウリン酸アミドプロピルベタイン液
ラウリン酸アミドプロピルベタイン液は、植物由来の洗浄成分で、洗いあがりがマイルドで毒性も低いため、子供用のシャンプーや石鹸などにもよく使用されています。

洗浄力が弱いため、刺激性なくしっとりと仕上がります。

 

美髪になるためには、シャンプー選びは重要なポイントとなります。もしも髪について、悩み事などありましたら、お気軽にご連絡ください。
当サロンでは髪に関するご相談・施術も行っております。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 便秘と自律神経

    便秘と自律神経の関係性とは?

  2. 基礎代謝アップ

    女性を老けさせる強敵!基礎代謝をアップするための4つの方法

  3. 岩盤浴

    岩盤浴はデトックス効果に有効的?効率を上げる方法と注意点

  4. あなたにあったシャンプーの選び方とは(危険な界面活性剤)

  5. 甘いもの依存症

    【甘いもの依存症】砂糖が止められない理由と、克服するには?

  6. 隠れ糖尿病

    隠れ糖尿病を早期発見する方法!