紫外線アレルギーとは?症状と改善策

紫外線アレルギー

紫外線アレルギーとは、「日光アレルギー・太陽アレルギー・日光性皮膚炎・日光性過敏症」とも言われており、本来それほど害ではない量の紫外線を浴びただけにもかかわらず、過剰に反応してしまう症状のことで、肌トラブルを起こしてしまうことを言います。

今回はこの紫外線アレルギーの原因と症状、改善策について紹介します。

紫外線アレルギーの原因とは?

紫外線アレルギーになる原因には、大きく2つの要因が考えられます。

・体の外からの原因で紫外線アレルギーをおこす
・体の内からの原因で紫外線アレルギーをおこす

体の外からの原因で紫外線アレルギーをおこす

体の外とは、主に紫外線による栄養や食品、化粧品に紫外線が反応しアレルギーを引き起こしてしまうことが考えられます。

通常、人が紫外線を浴びることでアレルゲンという、アレルギー症状を引き起こす原因となる物質が作られますが、その時に体を守るために抗体が一緒に作られます。ある一定の紫外線を浴びるだけならいいのですが、大量の紫外線を浴びた場合、抗体の限界値を超えてしまいます。

その時、今までは何も症状がなかったのに突然アレルギー反応が出てしまうことがあります。体外からの紫外線アレルギーは、体質や遺伝とも関係しているため、個人差があります。

体の内からの原因で紫外線アレルギーをおこす

体の内とは、花粉アレルギーや食物アレルギーなどによって起きたり、ビタミン不足、過度なダイエットを行うことで栄養バランスが崩れ、紫外線アレルギーを発症することがあるようです。

アレルギーを全般的に起こしやすい人は、紫外線アレルギーにもなりやすいと言われています。そのため、上記のような要因を抱えていると、紫外線アレルギーになる可能性も高くなります。

この他にも過度なストレスによって自律神経に支障をきたしたり、睡眠不足、生活習慣の乱れなども、体の免疫機能を著しく低下させ、アレルゲンが体に反応しやすくなり紫外線アレルギーの要因の一つにもなります。

紫外線アレルギーによる症状

紫外線アレルギーによる症状は次のようなものがあります。


・肌 ⇒ かゆみ、じんましん、腫れ、炎症、かぶれ
・目 ⇒ 真っ赤に充血する、涙が出る、異物感
・全身 ⇒ 頭痛、発熱、吐き気、倦怠感

紫外線アレルギーを改善!自分でできる対策とは?

症状が深刻な場合は、病院へ行ってアレルギー検査を受けるなどして、対策を練ることが大切ですが、先ずは自分でできる身近な対策をすることも大切です。

次に身近でできる対策をまとめてみました。

日傘や長袖で紫外線から体を守る
紫外線から体を守るアイテム
紫外線アレルギーはとにかく紫外線から体を守ることが大切です。そのため、外に出た時は日傘や帽子、長袖を着たりアームカバーで肌を少しでも紫外線に触れないようにしましょう。

UV加工されている日傘をさすことで、直射日光の約95%を遮ってくれると言われています。そのため、外出時には必須アイテムとしてこれらは常に持ち歩くことが大切です。また、車の運転時にもフロントガラスかた容赦なく紫外線は浴びせられます。

UVカットのガラスにするなどして工夫することが必要ですが、これも100%紫外線がカットされる訳ではないため、サングラスやアームカバーの着用、ストール、カーディガンなどを着用することが紫外線から守ることができます。

日焼け止めクリームを塗る
日焼け止めクリーム
日焼け止めクリームには、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」という主に2種類の成分がありますが、「紫外線吸収剤」の成分が含有されているクリームを利用する方が、効果が高いようです。

「紫外線吸収剤」は皮膚の表面で紫外線を吸収しますが、エネルギーに変えて跳ね返します。成分は天然のものがほとんどです。

イメージの中では紫外線吸収剤はお肌に悪い、という印象をお持ちの方が多いと思います。確かに紫外線吸収剤は紫外線を防ぐ力は強いのがメリットですが、防御力が高い分だけ、肌への負担が大きくなります。そのため、人によっては刺激を感じることがあります。そのため、敏感肌の人は避けた方が無難でしょう。

そして、肌への負担軽減を考えるなら「紫外線散乱剤」が入ったクリームを使用するのが良いでしょう。紫外線散乱剤は紫外線吸収剤と違って、肌の表面で化学反応や酸化を起こさないため、紫外線への防止効果は下がりますが、肌への負担は少なくてすみます。

ただし紫外線散乱剤のデメリットとして、塗り心地がこってりした感じになることと、汗に弱いため何度も塗り直しが必要になります。

 

当サロンでは、「ソト」からの美肌を目指すとともに、「ウチ」からのキレイも目指した施術、いわゆる37℃の体温の施術を目指した施術を行っています。体温を上げることで基礎代謝が上がり、ホルモン関係も良好、肌代謝もアップされます。まずはお気軽に相談ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 代謝をアップさせる温朝食

    代謝をアップさせる温朝食とは?【便秘解消!ダイエット効果もバ…

  2. 新陳代謝を上げる食べ物

    新陳代謝を上げる食べ物とは?

  3. プレ更年期

    低体温!基礎体温でわかるプレ更年期SOSとは?

  4. 免疫力低下の原因

    免疫力低下の原因!体の中で起こる変化とは?

  5. 高齢出産、2人目は何歳から?気をつけたいリスクを考える。

  6. 花粉症になるメカニズムとは?少しでも緩和する方法