生活環境とアレルギーとの関係

生活環境とアレルギーとの関係

アレルギーは、食生活においての栄養バランスが必要となりますが、生活環境を見直すことも大事になります。と言うのは、最近の生活環境においては、変化に富んでおり、家の中で発生するハウスダストや私たちが日頃接する菌の種類が豊富なため、アトピーや喘息などを発症するケースも非常に多くみられます。

このページでは、アレルギーにおける生活環境についての現状と気を付ける点について紹介します。

アレルギーが急増する環境要因とは?

アレルギーの急増に関わる環境の原因として次のことが考えられます。

居住環境の変化
最近の居住空間の密閉化によってアレルゲン(アレルギーの原因となる抗原物質)が増加したり、建材や生活用品での化学物質の使用が原因でアレルギー持ちになる人が急増しています。

特に居住環境の中では、ダニの死骸や糞によってアレルギー性疾患の人の約80%がアレルゲン反応を起こすようです。

食生活環境の変化
アレルギーが急増した要因として、食生活の変化があります。食物の欧米化により食材の多様化が進んだことと、食品の容器に対する化学物質の多用などでアレルギーを引き起こしてしまうようです。

魚中心の食生活から肉中心の食生活に変化したことで、アレルゲンの原因ともなるたんぱく質の摂取量が増えていること、和食中心の食事から洋食中心へと変化したことで、栄養バランスが崩れアレルギー反応を起こす人も多いのです。それだけ和食は、五大栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラル)がバランスよく摂れる食事だと言うことが言えます。

環境汚染の変化
PM2.5と言われる黄砂によってアレルギーを起こしたり、工場や自動車などから排出される硫黄酸化物、窒素酸化物などの有機化合物によってアレルギー持ちになる人が急増しています。

揮発性化学物質汚染は、農薬や、産業廃棄物、タバコの煙やシロアリ駆除に利用する薬剤や排気ガスによる大気汚染などが含まれており、これらによってアレルギーを引き起こしてしまうようです。

生活環境によるハウスダスト

居住環境の変化によってアレルギーの人が増えていますが、その中でもハウスダストが原因でアレルゲン反応を起こしてしまいます。

ハウスダストとは、空気中に存在する小さなチリやホコリのことをいいますが、この小さなチリやホコリとは、ダニやダニの死骸、犬や猫などのペットを買っていればそのペットの毛、たばこの煙粒子、観葉植物などを育てていればその花粉や胞子などを全て総称したもののことを言います。

ハウスダストは湿気過多を好むため、換気をしっかり行うことでほとんどのハウスダストは室外へ出ていきます。そのため空気清浄機を利用したり、晴れた日は布団を天日干しにしたり、布団乾燥機を利用するなどして少しでも湿度を減らし乾燥する環境を作ることが必要です。

 

当サロンでは、アレルギーによる原因をお客様と共に考え究明しながら、「ソト」はもちろん、「ウチ」からの体質改善も目指した施術を行っています。低体温はアレルギーのみならず、様々な病気をひき起こす原因とも言われています。
体温を上げることで基礎代謝が上がり、ホルモン関係も良好、肌代謝もアップされます。まずはお気軽に相談ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 睡眠を十分にとる重要性とは!【やっぱり重要な時間】

  2. くせ毛は遺伝なの?遺伝の確率と生活習慣で髪質を改善する方法

  3. アレルギーが起こるメカニズム

    アレルギーが起こるメカニズムと考えられる原因とは?

  4. 生姜の効果効能

    冷え性に効果的!生姜の効果効能とは?

  5. 代謝をアップさせる温朝食

    代謝をアップさせる温朝食とは?【便秘解消!ダイエット効果もバ…

  6. 基礎体温を測る重要性

    基礎体温を測る重要性!【体のSOSが分かる】