妊娠中のアロマでスッキリ!OK・NGの使い分けとは?

妊娠中のアロマ

妊娠中はストレスがたまりやすく、精神的にも不安定になりやすいため、好きなアロマの香りでリラックスすることが大切です。

ただし、妊婦がアロマを使う場合、いくつかの注意点があります。今回は、妊婦がアロマを使う場合の正しい方法についてご紹介したいと思います。

妊娠初期のアロマ、おすすめなのは?

アロマの楽しみ方には、次のいくつかの方法があります。

芳香浴・・・オイルを焚いて香りを楽しむ
アロマバス・・・お風呂に数滴入れる
アロママッサージ・・・マッサージに使用する

ただ、妊娠初期に関しては、マッサージや入浴に使用するのではなく、香りを楽しむ「芳香浴」だけにしておいた方がよいでしょう。
妊婦のアロマ
アロマオイルの中には、ホルモンに影響したり月経を促進する作用があるものがあり、肌に直接ふれてしまうと刺激が強くなりすぎてしまいますから、少なくても妊娠3ヶ月目くらいまでは香りを楽しむ程度にとどめておいた方が安心です。

妊娠中に使ってはいけないアロマオイルとは?

アロマオイル
妊婦の体は大変デリケートですから、月経を促進する作用があったり、ホルモンの分泌を促進する作用があるアロマオイルは使用しない方が無難です。

専門家の間でも、妊婦のアロマオイル使用については意見が分かれていますが、お腹の赤ちゃんに悪影響を与えたり流産しやすくなる可能性がゼロではないため、特に妊娠初期は注意しましょう。

妊娠中に避けた方がよいアロマオイルとしては、ジャスミンやカモミール・セージ・ゼラニウム・ペパーミント・ローズマリー・レモングラス・タイム・イランイラン・パセリ・バジル・シナモンなどがあります。今他にもNGとされているものはたくさんありますから、使用する際は専門家の指示を仰ぐことをおすすめします。

一方、妊娠中にお勧めのアロマオイルとしてはレモンやグレープフルーツ・ベルガモットなどの柑橘系のものがあげられます。特に柑橘系はさわやかな香りですからつわりの時期にはとても効果的です。

妊婦のアロマ活用術

アロマは妊娠に関わるさまざまな不快な症状に効果があるとされています。特に香りには情緒を安定させたり鎮静効果がありますし、マッサージに使用することで免疫力をアップし代謝を促進することができます。またターンオーバーの正常化などさまざまな効果が期待できます。
アロマオイル
妊娠時期はホルモンバランスが変化することでさまざまなトラブルに見舞われてしまいますが、医薬品は使用することができません。そういった時には自然界の香りの力を利用して体調を整えていくのが効果的です。妊娠中期になると妊娠線を予防したり、むくみを解消するためにアロママッサージを行うことができます。

特につわりも終わり、食欲旺盛になる妊娠中期は、体重の増加が気になる時期でもあるため、食欲を抑える効果のあるグレープフルーツなどの製油がおすすめです。ただし、妊娠中期であってもお腹が張っているような場合は使用しないようにしましょう。

妊娠後期の37週からは今まで禁忌だったウッド系の製油が一部使用できるようになります。ジャスミンやセージは陣痛の痛みを軽減し、子宮の収縮を促進する作用があるため、出産時に使用される場合もあります。ただ使用する際は専門家の指導の元で行うようにしましょう。

安定期に入る16~20週頃から、腰痛やむくみを緩和するためにアロママッサージを行うことができます。自宅で手軽にできるマッサージとしては、手に適量のオイルをとり両手の平全体で温めてなじませていきます。おへそを中心に円を描きながらお腹全体にオイルを広げていき、ゆっくりと息を吐きながら両手をおへその下までマッサージしていきます。最後にお腹の全面にハートマークを描くようにマッサージしていくと、妊娠線を予防することができます。

妊娠をするとつわりや体の変化などが起こり、精神的にも不安定になりがちです。こういった時に、アロマの効果を利用してリラックスすることで、お腹の中の赤ちゃんも一緒にリラックスすることができます。

妊娠中安心して使用できるオイルを利用し、楽しいマタニティライフを送りましょう。

 

当サロンでは、最適な体温である「37℃」を目指した施術を行っております。「37℃」を目指す、頭蓋骨マッサージを行うことで、カラダのウチからアプローチします。
高温期と低温期のバランスが悪く、最近身体の調子が気になる方は、まずはお気軽にご連絡ください。
また、現在妊娠中の方でも施術は可能です。不眠でお悩みの方もご連絡ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 発熱が原因の便秘

    原因は便秘・・・?発熱が原因の便秘の思わぬ症状とは?

  2. コーヒーの飲み過ぎは鉄分不足を招くって本当?(ヘム鉄摂取で対…

  3. 便秘と肌トラブル

    便秘と関連性の深い肌トラブルの症状とは?

  4. くせ毛は遺伝なの?遺伝の確率と生活習慣で髪質を改善する方法

  5. 過多月経

    生理の量が多い原因と対策【潜んでいる病気とは?】

  6. 生野菜が体に良い理由とは?【健康な体づくり】