むくみ解消法!【飛行機・長時間フライトでも美脚を維持!】

行機やながたびでもむくみ無し!足スッキリ

飛行機などの長時間の移動をしているときは、動いたり、歩き回ったり出来ないのでどうしても足がむくんでしまいますよね。飛んでいる最中は気圧の関係で空気もうすくなります。その際に血流も悪くなるのでさらにむくみがひどくなってしまいます。旅行ともなると一日中歩いて疲れも溜まるでしょうし、食事も変わってきますのでそれもむくみも原因にもなります。今回は長時間のフライトでむくんだりした時などの対策などをお伝えしていきます。

服装

服装は重要です。長時間のフライトで身体を締め付けるような服装だと血流が悪くなりむくみの原因になります。ヒールなどもよくありません。飛行機に乗る前にウエストがゴムになっているような服やスウェットを履き乗りましょう。そして座ってからスリッパをはくようにするといいでしょう。くつろげる服装で飛行機に乗るのも大切ですね。

こまめに身体を動かす

身体を動かすと言っても歩き回れないので、こまめに首を回したり、背伸びをする、足の指を動かす、手足をぶらぶらさせるといいでしょう。お隣に座っている方もいますので大きな動作はしなくてもいいですが、身体の血流を流すことが大切です。ヨーロッパなど遠くに行く場合はトイレにこまめに行くようにして飛行機の中を歩く事をしてもいいですね。

水分をしっかり取る

トイレに行くのが嫌だし、水分を取るとむくむからと思って水分を取らない方がいますが、逆です。しっかり頻繁に水分を取るようにしてください。水分を取る事により乾燥で体内の失われた水分が補給されむくみの改善につながります。身体の中の水分が少ないほどむくみます。ただし、水分を取らないとと、コーヒーなどカフェインが入ったモノだとトイレが近くなりますし、逆に乾燥しやすくなってしまいます。お酒も一緒ですので気を付けましょう。飲むのであればミネラルウォーターやスポーツドリンクやカフェインの入っていないお茶がいいですね。もしお酒の場合はビールなどではなく、赤ワインはオススメします。

ふくらはぎのツボを押す

むくみにはふくらはぎのツボを押すのも効果的です。ふくらはぎのツボであれば座っていても押す事が出来ますしむくみの予防や改善にも効果がありますので、是非実践して下さい。
承山(しょうざん)ふくらはぎの真ん中のくらいにあります。はっきり場所が分からなくても押して気持ちがいい場所になります。
三陰交(さんいんこう)内くるぶしから指4本上がったところ。むくんでいたり冷えていても痛く感じる事があります。

それ以外にも足の裏や足にもたくさんのツボがありますので。適当なマッサージで痛気持ちいくらいで押していても十分効果はあります。

着圧ソックス

着圧ソックスやタイツを使うのもいいですね。ソックスよりもタイツの方がオススメみたいではありますが、機内で履く事になった時にはタイツは無理なのでソックスでも大丈夫です。機内は足元がひえやすいです。冷えもむくみの原因ですからね。着圧ソックス、タイツ
でむくみと疲れ知らずです。

まとめ

飛行機に乗る時は長時間同じ体勢のまま移動しないといけません。それが、行きでもかえりでも同じ体勢で飛行機に乗っていれば必ずむくみます。むくみは身体にはよくないので、むくみ対策は必須です。スリッパ、ソックスなど忘れてしまっても、ツボを押す事でむくみは取れますし、飛行機の中を少し歩く事でもむくみは解消されやすくなります。難しい事をしないでもむくみを取る事が出来ますので、今後、飛行機に乗られる方は是非、実践してみて下さい。

 

当サロンでは、自らの細胞を活性化させ、働きかける、最新の成長因子を導入した育毛治療も行っております。
白髪はもちろんのこと、髪に関するご相談・施術を行っておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 男性の腰痛

    男性の腰痛の原因とは?

  2. 食べ過ぎてはいけないその理由とは?【肥満になると起こる変化】…

  3. 新陳代謝を上げる食べ物

    新陳代謝を上げる食べ物とは?

  4. 低体温症

    体が不調の原因を知ろう!低体温症の特徴とは?

  5. 足のつり

    足がつる原因!夜中にふくらはぎがけいれんするのは何のサイン?…

  6. 隠れ糖尿病

    隠れ糖尿病を早期発見する方法!