免疫力が低下しているサインとは?素早く見つける方法

免疫力低下を素早く見つける

最近、「風邪を引きやすくなった・・・」「引いても長引くようになった・・・」などという時は、もしかしたら抵抗力が下がって免疫力が低下しているサインかもしれません。

今回は免疫力が低下しているサインを素早く見つけ出し、対処する方法をご紹介したいと思います。

免疫力が低下しているサインとは?

体力が落ちた、とかインフルエンザにかかりやすくなったなど、思い当たるところがあれば、免疫力が下がっているからかもしれません。そして、次のような症状が出ているのであれば、免疫力が低下しているかもしれません。

・風邪をひきやすくなった
・インフルエンザによくかかるようになった
・口内炎ができやすくなった
・肌荒れがひどい
・便秘が続いている
・下痢をするようになった
・傷が治りにくくなった
・身体が冷たい
・目の下にクマがある

この中から1つでも当てはまるのであれば、生活習慣を見直し、免疫力アップに繋げるようにするのが対処の近道となります。

免疫力低下を素早く見つけるには?

偏った食生活

免疫力低下を素早く見つけるには、何故低下したのか、その原因を知ることにあります。

偏った食生活
バランスの整った食べ物を摂取することは、栄養バランスの偏りを正すことになります。

あなたは、お肉ばかりを中心とした食生活を送ってはいませんか?それとも、「野菜だけを食ベている」、「炭水化物は一切摂らない」など、栄養的に偏った食生活になっていませんか?

確かに、酵素ダイエットや炭水化物抜きダイエットが流行っていますが、栄養バランスがあってはじめて成り立ちます。特に免疫細胞の主原料はたんぱく質です。たんぱく質が不足すると新たに作られる免疫細胞が減少し、免疫力も低下してしまいます。

ネガティブな感情を持ち続ける
普段、誰ともしゃべらない、笑っていることが少ないと、直接免疫力が低下するわけではありませんが、NK細胞、すなわち「ナチュラルキラー細胞」である免疫細胞が低下します。

「ナチュラルキラー細胞」は名前の通り、殺し屋みたいな役目をします。全身をパトロールしながら、がん細胞やウイルス感染細胞などを見つけ次第、攻撃するリンパ球のことです。そのため、ネガティブな感情を持ち続けていると、NK細胞は減退します。

逆に笑っていれば、NK細胞は活性化するといわれています。

体内時計は正確に
免疫力低下 体内時計
昼夜の生活を逆転させていると、体の体内時計が狂い、自律神経に大きく左右されます。

自律神経は2つの交感神経(交感神経と副交感神経)を行き来し、バランスを整えています。しかし自律神経が狂い出すと、免疫細胞が減少し、免疫力も低下してしまうのです。

そのため、朝は太陽の光を浴び、夜はゆっくり休むようにしましょう。

加齢による低下
加齢は誰しもが通る道で仕方のないことですが、低下の速度を遅らせることは可能です。

そのためにも、上記のようなことを少しづつでも見直すことで免疫力低下を遅らせることができます。

 

免疫力低下の原因は「低体温」が大きな要因となっていることが多く、「低体温」であるばかりに体の様々な調子を狂わせていきます。
当サロンでは、最適な体温である「37℃」を目指した施術を行っております。「37℃」を目指す、頭蓋骨マッサージを行うことで、カラダのウチからアプローチします。
高温期と低温期のバランスが悪く、最近身体の調子が気になる方は、まずはお気軽にご連絡ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 原因はストレス?女性の円形脱毛症!【特徴と対策法】

  2. 左側に多い腰の痛み

    左側に多い腰の痛み【原因はいったい何?】

  3. ヘアアイロンで巻いても髪を痛めないようにする

    ヘアアイロンで巻いても髪を痛めないようにする方法

  4. 腰痛を改善

    腰痛を改善するための正しい寝方

  5. 冷え症になりやすい原因

    【女性に多い!】冷え症になりやすい原因とは?

  6. 足湯 デトックス効果

    足湯とデトックス、より効果を高める足湯の浸かり方とは?