男性の冷え性(足の冷え)ってある?

男性の冷え性

冷え性というのは、女性だけがおこるものと思いがちですが、実は最近は男性の冷え性も増えてきています。

ビールのキリン(キリン食生活研究所)が発表した「あなたのくらしのアンケート(2016年1月)」で「体の冷え」について調査を実施したところ、体の冷えを「感じることが多い」「たまに感じる」と答えた20代、30代男性が約半数もいたのです。そして、冷えを感じる部位を「手足の先」と答えた男性が8割強でした。

このように、男性も冷え性を訴える方が多いのです。今回は、男性の冷え性には何が潜んでいるのか?また、冷え性の解消法を紹介します。

男性の足が冷える、は重病のサイン?!

冷えの原因には、冷たいものの摂り過ぎ、運動不足など様々な原因が考えられますが、他にも体の気や血が不足した状態になることで、「陰虚の症状」が見られるようになります。

この「陰虚の症状」とは、体内の水分が不足し、体に余分な熱がこもっている状態のことで、陰とは水分のことで、体液が不足してしまい、体に潤いが少なくなります。この状態になると、男性でも足の冷え性になる可能性があり、場合によっては便秘を併発することもあります。

体の新陳代謝が鈍い場合においても、寒さで困ることがよくあります。女性に多い症状と思われがちですが、誰でも不規則な生活をすれば発症するリスクが高まります。現代的な忙しい習慣によって、生命力を減退させてしまうことも珍しくありません。

便秘で足の冷え症も併発している状態であれば、お腹が冷えきっていることも意味しています。中焦が冷えることによって、冷え症の症状も悪化させることは経験的に分かっています。お腹が冷えて、最終的には足までも冷たくなるわけです。

男性の足の冷え性として第一に考えられる原因は、以下の通りです。

・運動不足による筋肉の衰え
・ストレス
・生活習慣病による動脈硬化の進行
・喫煙者

この中で一番深刻なものは、「動脈硬化」もよる進行で冷えを悪化させることです。動脈硬化の悪化は血流が悪化している状態です。そのため、冷えの症状は避けることができません。

そして、動脈硬化の悪化によって血流が悪くなると、特に冬場では血管が収縮し、脳梗塞や心筋梗塞で倒れる方が後を絶たないのです。足の冷え性だけだからと楽観視するのは、大変危険であり、このように深刻な事態を招き起こさないとも限らないため、少しでも早くのケアが必要です。

冷え性を解決するには?

この状態を解決させるために、漢方では補中益気湯(ホチュウエッキトウ)などを処方し、お腹の生命力を復活させる治療が行われます。補中益気湯(ホチュウエッキトウ)の「中」とは、胃腸を意味します。そして、「補中」とは中を補う、すなわち胃腸を丈夫にするという意味なのです。「益気」は気を益す、すなわち元気を出す、という意味になります。

補中益気湯は腸の消化や吸収機能を整え「気」を生み出し、病気に対する抵抗力を高めます。何とかしてお腹を温めることができれば、冷え症は徐々によくなっていきます。無理をしないで根気強く努力を続けていけば、完治させることは十分に可能です。

また、体を冷やす食べ物ばかりを食べていては、冷え性を益々悪化させる原因となります。キュウリやトマトなどの涼性の野菜を食べるときには、温性の生姜を加えてお腹を冷やさないようにすることが大切です。

食物繊維が豊富な野菜であっても、体を冷やす作用が強い場合であれば、便秘の原因となることもあります。男性であっても、夏場に冷たい麺料理ばかりを食べていれば冷え性になる可能性が高まります。暑い日でも温かい料理を食べて発汗を促せば、腸の動きも活発になります。

肥満で悩む男性の場合も、冷え性と便秘の両方で困ることがよくあります。運動不足で新陳代謝が鈍くなることで、太っていても寒さに弱くなるのです。食べ過ぎが原因によって腸に過剰な負担をかけても、慢性的な便秘を発症させるだけです。

この悩みを解消するためには、習慣的な運動を行いながら、規則正しい食生活を送ることが欠かせません。

当サロンでは、基礎代謝を上げることで、新陳代謝を促進させ、体のターンオーバーを整えるための施術を行っております。それによって冷え性改善にも繋がっていきます。まずはお気軽にご連絡ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 男性の腰痛

    男性の腰痛の原因とは?

  2. 夕方の足のむくみ、スッキリ脚にするための解消法とは?

  3. 冷え症になりやすい原因

    【女性に多い!】冷え症になりやすい原因とは?

  4. 頭皮のかゆみ

    頭皮がかゆくなる原因とは?薄毛や抜け毛との関係

  5. 免疫力低下を素早く見つける

    免疫力が低下しているサインとは?素早く見つける方法

  6. 声の老化

    顔だけではない声も老化する、その原因とは?