塩風呂の効果!【デトックスで 冷え症や肩こり・美容にも効く!】

塩風呂の効果

塩風呂に入ったことはありますか?塩風呂と聞くと汗を掻くとか、、デトックス効果とか美容に効果があるなんて聞く塩風呂。でも、本当におススメなんです。お風呂に塩を入れるだけで簡単に塩風呂が完成しますし、面倒くさがりの方でも続けやすいんです。でも、お風呂に塩を入れるだけで本当に効果はあるのでしょうか。今回はお風呂に塩を入れるだけの塩風呂の効果や効能ご紹介していきます。塩風呂の注目ポイントをしっかり確認していきましょう!

汗で流しましょう

身体には食事で取った残留農薬や有害物質、外に出るとタバコの煙やクルマの排気ガスなど自然に吸い込んでしまっています。それは徐々に体内に蓄積されてしまっているのです。その知らず知らずに溜まってしまった有害物質は私たちの身体に悪い影響をもたらします。例えば肩こりや身体のむくみ、肌のトラブルなど様々です。でもそれを身体から出す事によって改善されるのです。では、どの様に身体から出せばいいのでしょうか。

デトックス

デトックスとは毒素や老廃物を体外に排出して身体の中をキレイにする事です。実は、身体の中にある有害物質は汗でしか出すことが出来ないのです。体内にある老廃物は便や尿で排出されるのですが、体外から摂取した毒素(水銀や鉛、ヒ素やカドミウムなど)のほとんどは汗によってしか排出が出来ないいのです。ですから、身体に取り入れない様にする事は大切なのですが、取り入れてしまった後に汗をしっかりかいてデトックスをする事が必要なのです。

塩が効果を倍増させる

汗をかくことは凄く大切な事が分かって頂けたと思いますが、塩には汗をかく効果を高めます。特に塩風呂は発汗作用や保湿効果、保温効果、血行促進効果があります。発汗作用は身体を芯から温めて発汗が促されます。これによってアポクリン腺からドロドロとした汗が毛穴から出てきます。

このドロドロの汗をかくことがデトックスには大切なのです。また、血行促進の効果は血液の流れをよくする事により筋肉の緊張がほぐれ、肩こりや腰痛の改善にも繋がって行きます。そして、保温保湿の効果は美肌、毛穴の引き締めのほか冷え性の改善にも繋がって行きます。塩分の電解質となってお肌をコーティングする子取っで熱が冷めにくくなりますし、発汗作用によって代謝も良くなるのでダイエットにも効果的です。

塩風呂のやり方と注意点

では、塩風呂の作り方を紹介します。冒頭にもお伝えしましたが、塩風呂の作り方は本当に簡単なんです。浴槽に30〜50グラム(ひとつかみ程度)の塩を入れて混ぜるだけ。後は通常にお風呂に浸かれば効果が出てきます。少し、お疲れ気味の時は塩の量を増やしてもいいでしょう。浴槽の大きさにもよりますので、ご自身の好みの塩加減を見つけてください。

ここでポイントなのは天然の塩
を使っていただく事です。精製されている塩はミネラルが失われている可能性がありますので、お肌を痛めてしまう可能性もあります。そして、お風呂から出たら必ずお風呂のお湯は捨てるようにしましょう。塩分が浴槽をサビさせる可能性もあります。そして、残り湯はお洗濯に使わない方が無難でしょう。ただそこまで洗濯に使っても問題はなさそうですが、洗濯機が塩分で錆びる可能性も出てきますので、利用しない事をお勧めします。

塩は身体に大切なもの

人は塩では絶対反応はおこしません。人間の皮膚は塩水を蓄えていますし、汗も塩水、尿も塩水ですから。入浴剤を入れるのであれば塩をいれるほうが安価で簡単です。そして、塩は昔からお清めをしたり、海水でいろいろま病気を癒したり、健康を得てきた生活の知恵ともいう歴史もあります。それが簡単にお風呂場で出来るのです。身体が疲れていたりした時にぜひ塩風呂をしてみてください。

まとめ

塩にもいろいな種類の塩がありますので、気分によって変えてみたりするのもいいかもしれませんね。天然塩はスーパーでも安く買えます。ヒマラヤ岩塩やインカ天然塩などの商品もありますので、試してえみたいところです。そして、お風呂から出たら必ず水分補給をしましょう。いい汗をかき、身体の中の老廃物をしっかり排出し美容に役立てて下さいね。

 

当サロンでは、自らの細胞を活性化させ、働きかける、最新の成長因子を導入した育毛治療も行っております。
白髪はもちろんのこと、髪に関するご相談・施術を行っておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 快眠サイクル

    体内時計と睡眠のメカニズム【快眠サイクルを知ろう】

  2. アルコール依存症

    アルコール依存症!症状は?止められなくなるとどうなる?

  3. 女性の便秘

    女性が抱える主な便秘リスクとは?【原因と対策】

  4. 即効性のある貧血対策

    即効性のある貧血対策とは?自分でできる応急処置

  5. 低血糖症 予防・改善

    低血糖症を予防・改善する方法

  6. 若白髪の原因と対策 ※20代急増の理由とは?