甲状腺と咳、喉の違和感との関係

甲状腺異常

甲状腺は、首の前部の喉仏のすぐ下にある臓器で、正面から見ると蝶の形に似ていて、甲状腺ホルモンを作るという役割をもっています。

そして甲状腺は喉のすぐ近くにあるため、声がかれたり、首にしこりができていたり、のどに違和感を感じたりしたら甲状腺に何かしら異常があると考えられます。

そこで今回は、甲状腺の病気の種類や働きについてご紹介したいと思います。

甲状腺と甲状腺ホルモンの病気、働きについて

甲状腺は、脳下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモンによって、甲状腺ホルモン分泌の調節を受けています。

この甲状腺ホルモンの分泌が低下してしまうと、脳下垂体は甲状腺刺激ホルモンをたくさん分泌することになります。それと反対に、血液中の甲状腺ホルモンの濃度が上がりすぎた場合には、甲状腺刺激ホルモンの分泌を減らすことになります。

このように、脳下垂体の働きによって、甲状腺刺激ホルモンの分泌は左右されることになります。

甲状腺の働き

甲状腺ホルモンの量というのは、多すぎても少なすぎても良くないため、一定に保たれるように常に調節されています。

甲状腺ホルモンは、食べ物として摂取されたタンパク質や脂肪、炭水化物が代謝して、体を動かすエネルギー源として利用されるため、新陳代謝の過程を刺激して促進する働きがあります。また、胎児の発達や子供の成長にも重要な役割を担っているホルモンです。

甲状腺自体は、薄く柔らかい臓器なので、首を触っても腫れていなければわかりませんが、何らかの原因で少し腫れてしまったり、さらに大きくなってくると、首を見るだけで腫れを確認することができます。

甲状腺ホルモンの病気

甲状腺ホルモンの病気
甲状腺の病気には、次の3つが考えられます。

・甲状腺機能の異常
・甲状腺の炎症
・甲状腺腫瘍

甲状腺の機能が過度に高まってホルモンが過剰に分泌されると、甲状腺機能亢進症が考えられます。甲状腺機能亢進症には、バセドウ病などがありますが、バセドウ病の症状としてのどの腫れや動機、眼球が飛び出て見えるなどがあります。

一方で、甲状腺ホルモンの分泌が足りなくなるのが甲状腺機能低下症で、橋本病があります。この橋本病は、無気力やだるさ、むくみなどの症状が現れるのが特徴となっています。

甲状腺の炎症は、細菌やウイルス感染によって炎症が起こったり、橋本病によって炎症を起こすこともあります。甲状腺腫瘍は、ほとんどの場合治療の必要がない良性のものですが、腫瘍が大きくなってしまうと、首が腫れたり物を飲み込むときに違和感が現れたり、咳がでる場合があります。

甲状腺ガンの症状と治療法

甲状腺腫瘍のほとんどは良性のものですが、悪性の場合、甲状腺ガンとなります。

甲状腺ガンには、進行の遅いものと速いものがあり、分化型の場合は、ガン化した細胞が成熟しているため、増殖のスピードが遅く、予後も良いとされていますが、悪性度の高い未分化、悪性リンパ腫などは、ガン細胞が増えるスピードが速く、病気の進行も速いという違いがあります。
診察
分化型の場合は、自覚症状がほとんどありませんが、未分化ガンや悪性リンパ腫の場合、しこりの部分の痛みや咳、声のかすれが現れることがあります。甲状腺ガンの診察は、問診や視診、触診が基本で、問診では症状だけではなく、過去の病歴や家族歴、放射線被曝の経験の有無などを確認します。

視診では、甲状腺の腫れやしこりを目視で確認し、触診で、甲状腺の大きさや頸部のリンパ節の腫れを、手で触って確認していきます。

また、画像検査や血液検査によって甲状腺ガンが確定されると、ガンの種類や進行の程度に応じた治療が行われます。甲状腺ガンの治療は、手術が基本となりますが、それ以外にも、抗ガン剤や放射線治療などもあります。

女性の甲状腺異常はなかなか発見しづらいものですが、疲れやすくなったり、手足がふるえる、体重が減る、微熱がある、のどが腫れるなどの異常が現れた場合には、何らかの異常が関係している場合があるので、気になる症状がある場合には、一度検査を受けてみることをおすすめします。

 

甲状腺の異常は、心身の状態が良好でないために出ることが多いようです。そのため、整体で体の歪み、内臓の位置や頭蓋骨を整えることと、生活環境を改善することで症状も緩和されていくこともあります。
37LABでは、お客様のそれぞれの悩みに訴求した施術を行っております。まずはお気軽にご連絡ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 白湯の効果

    便秘や冷え症も改善できる白湯の効果とは?

  2. 足先の冷え

    足先を温めるための一番おすすめの方法とは?

  3. 目的別に見る健康食品購入の背景;美容のため

  4. 髪の毛が細くなる原因

    髪の毛が細くなる原因とは?髪を太くするための対策!

  5. ヒートショックプロテインを効果的に増やす3つの方法

  6. 貧血の症状

    貧血の症状とは?陰に潜む病気