基礎体温からわかる身体の変化、正しい基礎体温の測り方

基礎体温

基礎体温というのは、必要最小限のエネルギーしか消費していない安静状態にあるときの体温のことであり、婦人体温計とも呼ばれています。

つまりは寝ている間の体温になりますが、その間に測ることはできないため、朝起きてすぐに測ります。

この基礎体温は、よく妊娠するまでの排卵日を調べるために測ったり、不妊治療のために測ったりするのでよく知られています。現に子どもが生まれた後は、もう基礎体温を付けてない方がほとんどではないでしょうか。

しかし実際にはそれ以外にも、基礎体温を毎日測ることで様々な身体のリズムを知ることができるのです。今回は、基礎体温を測ることでわかる身体の変化について主に紹介したいと思います。

基礎体温でわかることとは?

基礎体温を測ることで身体のどんな変化を読み取ることができるのでしょうか。それには、次のいくつかあります。

・次の生理日の予測
・排卵の状態がわかる
・女性ホルモンの分泌状態がわかる
・更年期の早期発見がわかる
・肌荒れ周期がわかる

次の生理日の予測

健康な女性の基礎体温は、下記の図のように「低温期」と「高温期」のそれぞれ14日間の二相からなり、合わせて28日が一定のサイクルで繰り返されていきます。

基礎体温の周期

引用元:オムロン ヘルスケア

「高温期」の日数は14日間前後でほぼ一定のため、排卵後は次の生理がいつ始まるのか予測することもできます。 高温期に入って7日目なら、あと7日、一週間ほどで生理が来るだろうなと予測することができるのです。

排卵の状態がわかる

先ほどにも記載したとおり、一般的な健康な女性は低温期と高温期のそれぞれ14日からなり、その中でも低温期の中の一番低温な日が排卵日と考えられています。

そして、排卵すると体温は上昇し、次の月経までの約2週間の間は高温期が続きます。妊娠しやすい時期は排卵日の3~4日前から排卵後の1~2日の間と言われています。

生理が始まってから排卵日までの低温期の間は肌の調子も良く、安定した時期になります。

女性ホルモンの分泌状態がわかる

通常では14日続く高温期が9日以内の短い場合は、女性ホルモンの「プロゲステロン」(黄体ホルモン)の分泌に異常(黄体機能不全)があるのかが考えられ、不妊症の可能性があります。

また、低温期しかない場合は、無排卵周期症かもしれません。無排卵周期症は生理が来ていても排卵していないことがあります。こうした身体の不調にも基礎体温をつけることで変化を探ることができます。

更年期の早期発見がわかる

更年期がだんだん近づくと、低温期と高温期は2相になっていたとしても、低温期が次第に短くなり、生理周期が24日以内の「頻発月経」の症状が現れます。

更年期に入ると低温期が続くようになるため、基礎体温で更年期の兆候があるかを確認することができます。

肌荒れ周期がわかる

高温期の間は女性ホルモンの「プロゲステロン」(黄体ホルモン)の分泌が増える時期であり、その中でも特に生理前の1週間は皮脂の分泌が多くなり、吹き出物が出やすくなったり肌の調子が悪くなります。

そのためこの時期に刺激物のとりすぎには注意しましょう。

基礎体温の正しい測り方

①基礎体温計の準備
まず基礎体温を準備しますが、小数点第2位まで表示できる基礎体温を選びます。なぜなら、低温期と高温期の差は0.2度ほどだからです。そしてその変動は、0.2~0.3度以内であれば安心範囲だとされています。

②ふとんの中で検温
基礎体温は朝目が覚めたら、動かずにそのままふとんの中で検温します。そして、毎日同じ時間に測ることが大切なポイントとなります。

③舌の裏側に体温計を当てる
体温計は舌下のいちばん奥にある舌小帯(中央のすじ)の両側が正しい検温位置となります。

舌の裏に体温計を当て、空気に触れないように口を閉じて体温が測れるまでじっと布団の中で寝たままで測るのが正しい測り方です。

④測った体温はすぐに記録する
体温が測れたらすぐにメモリましょう。その時に体調なども記録しておくと自分の身体のリズムをより知ることができます。

 

当サロンでは、最適な体温である「37℃」を目指した施術を行っております。「37℃」を目指す、頭蓋骨マッサージを行うことで、カラダのウチからアプローチします。
高温期と低温期のバランスが悪く、最近身体の調子が気になる方は、まずはお気軽にご連絡ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 快眠サイクル

    体内時計と睡眠のメカニズム【快眠サイクルを知ろう】

  2. 岩盤浴

    岩盤浴はデトックス効果に有効的?効率を上げる方法と注意点

  3. 男性の便秘

    男性が抱える主な便秘リスクとは?【原因と対策】

  4. 生野菜が体に良い理由とは?【健康な体づくり】

  5. 生理不順

    生理不順を改善する方法!ホルモンバランスとの関係とは?

  6. 甲状腺の病気

    甲状腺の病気