女性を老けさせる強敵!基礎代謝をアップするための4つの方法

基礎代謝アップ

20代の頃はダイエットしても引き締めることができたのに今ではやせにくくなった・・・、例えやせたとしても肝心なところはやせてくれない・・・などということになるのは、基礎代謝が低下しているからです。

今回は、基礎代謝をアップするための方法を幾つかご紹介したいと思います。

基礎代謝をアップするには?

基礎代謝は、私たち人間が生きていく上で必要最低限のエネルギーのことを言います。このエネルギーは、寝ていても何もしないでじっとしているときにも消費されていきます。

しかしこの基礎代謝は、年齢と共に落ち、悪くなります。つまり、基礎代謝が悪くなることで、老化を早めたり、痩せにくくなったりするのです。

若い時はたくさん食べても太らなかったのは、基礎代謝が高く、摂取したカロリーを次から次に燃焼していたからです。では、基礎代謝量はどのようにすれば少しでも上げられるのでしょうか。

それには次の方法があります。

・温かい食べ物や飲み物を摂取する
・身体を冷やさない
・体を締め付けるような下着をつけない
・筋肉量を増やす

温かい食べ物や飲み物を摂取する

基礎代謝を上げるには、臓器の働きを活発にすることが重要です。そのためには、身体を温める食べ物や飲み物を口にするように意識することから始めます。

身体を温める食べ物
体を温める食べ物を見分けるには、幾つかの方法があります。その例をご紹介します。

寒い国でできたもの
地下(地中)で育ったもの
発酵食品
黒い色、赤い色、オレンジ色のもの

南国で採れるものは体を冷やす食べ物が多く、北海道などの寒い地方で採れるものは体を温める食べ物が多い、とされています。例えばサトウキビを精製させた白砂糖は特に体を冷やします。しかしその中でも黒砂糖は、未精製のため体を冷やす作用には当てはまらないものもあります。

また、生姜やかぼちゃは旬が冬のため体を温める食べ物になります。反対にナスやキュウリは旬が夏のため、体を冷やす食べ物になります。地下(地中)で育ったものには、例えばネギやにんじん、じゃがいも、蓮根、里芋、ごぼうなどの球根類は地下にできるため体を温める食べ物になります。

しょうが、ねぎ、にんじん、じゃがいも、蓮根、里芋、ごぼう、にんにく、シナモン、生姜、唐辛子、ごま、レモン

身体を冷やす食べ物
体を温める食べ物を見分けるには、幾つかの方法があります。それは次の主な方法があります。

暑い国でできたもの
地上で育ったもの
水分が多い
白い色、青い色、緑色のもの

レタス、ほうれん草、トマト、ナス、キュウリ、キャベツ、白菜、白砂糖

キャベツや白菜は体を冷やしてしまう食べ物となります。そのため、鍋で食べたり味噌汁などの温かいお料理に使うのが理想的となります。

身体を温める飲み物
身体を温める飲み物
紅茶はカフェインが含まれているため、身体を冷やすのでは・・・と、思いがちですが、製造過程で発酵しているため体を温める作用があります。発酵しているのは、体温を上げる効果があるといわれており、そのため、ウーロン茶やほうじ茶、赤ワインや日本酒なども体温を上げてくれます。

その他にはココアがあり、ココアに含まれる「テオブロミン」の成分が末梢血管を拡張するため、血流を良く体温を上げてくれます。他にココアには、血圧も下げる効果もあります。

身体を冷やす飲み物
身体を冷やす飲み物
緑茶は身体を温める効果あるのでは・・・と思いますが、緑茶の場合は発酵していないため、体を冷やします。そのため、たくさん飲んだり寝る前に飲むことは控えた方が良いでしょう。

この他にはコーヒーや牛乳も特に冷えが気になる場合には、控えたほうがいいでしょう。一般的に色が白いものは、身体を冷やすといわれています。

身体を冷やさない

一般的に体温が上がれば、基礎代謝は12~13%程度アップされます。そのため、基礎代謝を上げるためには、体を冷やさないような生活習慣を送ることが大切になります。

そのためには上記のような、身体を冷やすような食べ物や飲み物は極力控え、温める食べ物、飲み物を摂るように心がけることです。

体を締め付けるような下着をつけない

自分の体のサイズよりも小さい下着や体に合わない小さな締め付けるような下着を着ていると、血液やリンパの流れが悪くなり、老廃物が排出されなくなってしまいます。そうなると基礎代謝が落ち、痩せにくい体質へとなってしまいます。

筋肉量を増やす

筋肉量を増やすことで基礎代謝は上がり、太りにくい身体になります。筋肉量を増やすには、「タンパク質」を摂ることが重要です。タンパク質には、筋肉の材料になる成分である、プロテインが多く含まれています。

そして、更に糖質を同時に摂取することで、およそ2倍もの筋肉がつきやすくなります。

 

当サロンでは、最適な体温である「37℃」を目指した施術を行っております。「37℃」を目指す、頭蓋骨マッサージを行うことで、カラダのウチからアプローチします。
高温期と低温期のバランスが悪く、最近身体の調子が気になる方は、まずはお気軽にご連絡ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 生理中の便秘

    生理中は便秘になりやすい?便秘の原因と解消法とは?

  2. 副腎疲労

    副腎疲労の原因と改善策

  3. 妊娠中のアロマ

    妊娠中のアロマでスッキリ!OK・NGの使い分けとは?

  4. 女性の便秘

    女性が抱える主な便秘リスクとは?【原因と対策】

  5. 産後の腰痛

    産後の腰痛、原因と対策【寝方のポイント】

  6. 食べても太る人、やせている人

    食べても太る人、やせている人の違いとは?