香りが睡眠に及ぼす効果とは?【熟睡と香りの関係】

香りが睡眠に及ぼす効果

体は疲れているのに、なかなか寝付けなかったり、旅行先で興奮しているのか、夜中に何度も目が覚めてしまうことってありますよね。

睡眠導入剤を服用するほど困っているわけではないけれど、出来ることなら、質の良い眠りで次の日も元気に過ごしたい。そんな時、睡眠に良い影響を及ぼし、安眠に効果のある香りについて、今回はご紹介したいと思います。

香りが睡眠に及ぼす影響とは?

夜になかなか寝付けなかったり、十分寝たのに疲れが取れていないなど、睡眠にまつわる悩みを持つ人は意外と多いようです。ストレスフルな現代社会では、よくある悩みになっているのかも知れません。

どんなに疲れを感じていても、体や脳が緊張状態にあると、なかなか寝付けず、眠りも浅くなってしまいます。そのため、心身ともにリラックスさせてから眠りにつくのが、質の良い睡眠には必要となります。
アロマ
安眠に効果のある習慣としては、お風呂に入ってリラックスしたり、部屋を暗くして気持ちを落ち着かせたりするのが、よく言われる方法です。そして、「香り」も安眠に効果があると言われています。

花の匂いや香水など、自分の好きな匂いで、気分を落ち着かせるのも良いですし、鎮静効果のあるアロマを使用しても良いでしょう。

逆に、部屋の匂いが気になると、なかなか寝付けないなんてこともありますので、その場合は換気や消臭剤を使って、匂いを消しましょう。

睡眠に影響が出やすい香りとは?

香りが睡眠に及ぼす効果
自分の好きな匂いを用意するのも良いですが、香水や生花は高価ですし、一から探すのは大変です。従って、お店で簡単に手に入るアロマオイルを使用するのがおすすめです。

安眠に効果のあるアロマオイルで、一番メジャーなのはラベンダーです。鎮静作用があり、香りをかぐことでリラックス効果が得られます。また、ヒノキなども効果があるとよく言われます。

リラックス効果が得られるアロマオイルは他にもいくつかあり、種類があります。ラベンダーは花の香りですが、ヒノキは爽やかな木の香りです。その他、柑橘系のオレンジ・スイートや、甘い香りのイランイランなども、安眠に効果があります。

いくらお好みの香りであっても、気分が高揚したり元気が出るとされるアロマオイルでは、睡眠には向きません。なので、先ほども書いたように、安眠に効果があるアロマにはいくつか種類がありますので、そこからお気に入りの香りを選びましょう。

アロマオイルは、専用のポットなどに入れて、香りを部屋に拡散させます。もし、アロマポットを持っていなければ、ティッシュやハンカチにアロマオイルを染み込ませ、枕元に置いても良いです。

選んだ香りによっては、匂いが濃い場合もありますので、量は調節してください。

アロマオイルの香りは、しばらくすると薄れてしまいます。そのため、出張や旅行先には芳香蒸留水を持っていくのがおすすめです。アロマオイルをそのまま持っていくと、容器のガラス瓶の取り扱いに注意しなければなりませんが、お店で売っている蒸留水なら、プラスチックボトルに入っていて便利です。

また、カフェインレスなハーブティーも、ティーバッグを持ち運べるので、おすすめです。

ちなみに、アロマ以外に玉ねぎやコーヒーも、睡眠に影響がある香りとされているようです。ですが、玉ねぎは、それと分からないような程度の匂いをさせておくのがコツで、コーヒーも飲んでしまっては逆に目が冴えてしまいますので、やはりアロマの方が手軽に効果を得られそうです。

香りは、質の良い睡眠に影響を与えます。心身が緊張状態にあると、なかなか寝付けず眠りも浅くなってしまいます。香りにはリラックス効果があり、安眠を得ることができます。

アロマオイルを使うことは、香りで安眠を得られる、最も手軽な手段です。ラベンダーが一番メジャーで人気もありますが、他にも効果のあるアロマがありますので、お気に入りの香りを探してみることをおすすめします。

 

熟睡できないのは単に精神的なものだけではありません。構造的なストレスである、「骨盤」「背骨」「頭蓋骨」などによる、ゆがみによって知らず知らずのうちにストレスを抱え込んだりして寝不足になることも多いのです。そのため、このまま放っておくと心と身体の両方に実に様々な影響を及ぼしてしまいます。
当サロンでは、「頭蓋骨矯正」による施術で心も身体も、ウチからもソトからもじっくりしっかりとアプローチしていきます。最近、体の調子が気になる方、熟睡できていない方など、まずはお気軽にご連絡ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 女性に多い甲状腺

    女性に多い甲状腺!健康を維持する3つの方法

  2. 便秘による吐き気

    便秘による吐き気の症状とは?

  3. 肩こりと老化の関係

    肩こりと老化の関係!5歳の老け顔を作るサインとは?

  4. 老け顔に見える原因

    老け顔に見える原因とは?若く見える人との決定的な違いとは?

  5. 腰痛治療

    腰痛治療!病院選びのポイント

  6. 頭のツボ

    肩こりがラクになる頭のツボとは?