花粉症になるメカニズムとは?少しでも緩和する方法

花粉症がつらい

皆さんこんにちは。最近は花粉症の記事が多めです。周りの友人たちも花粉症で仕事に影響が出るほど・・・。

今は国民病とも言われる花粉症。春先にかけてピークを迎えている方が多いのではないでしょうか。そんな花粉症ですが平成28年度に花粉症患者実態調査を行なった結果都内には48、8%の方々が花粉症であると答えています。(東京都福祉保健局のHPより)今や2人に1人がかかっている花粉症です。症状は大小様々ですが、花粉症は本当に辛いですね。花粉症と答えた中の方で6割の方は医療機関に行かなくても日常生活には問題ないという方もいますが、花粉症になる方の年齢もだんだん下がっています。今では小学生の子や幼稚園の子でも花粉症という子もいます。大変ですよね。では、花粉症の症状とメカニズムについて紹介していきます。そして、そんな花粉症を少しでも緩和させる方法もお伝えしていきます。

花粉症の症状

花粉で起こるアレルギー症状は目の粘膜に花粉がついたときにアレルギー反応が起こります。そうする事によりくしゃみや、鼻水、鼻づまりの症状が長期的に続く事で睡眠不足になったり集中力の低下、そしてイライラの原因にもなったりまします。そして、目のかゆみや充血、肌の痒みや湿疹など、痒みを伴います。全身に様々な症状が現れることもあります。

花粉の種類

花粉症の代表はスギやが多いのですが、時期によって飛ぶ花粉も違ってきます。日本は南北に細長い地形のため地域差がありますので、花粉症の原因植物の特徴や飛散期にも異なってきます。

実はスギは北海道や沖縄にはほとんど存在しないのです。ですので、スギ花粉の花粉症はありません。スギ花粉症の方には羨ましい限りですね。しかし北海道はシラカンバ花粉症が多いなど地域によって特徴があるのです。スギ花粉症 (2月〜4月)ヒノキ(3月〜5月)ブタクサ(8月〜10月)シラカンバ(8月〜10月)イネ(4月〜8月)ヨモギ(8月〜10月)などです。これを見ると年中花粉が飛散していることがわかります。自身が何の花粉症でアレルギーを起こすのかをしっかり知っておく事が必要になります。それに伴い、いつの時期が酷いかなど知る事により、対策や緩和が出来ます。

花粉症になるメカニズム

花粉症とは体内に花粉(アレルゲン)が入ってきたときそれを除去、排除しようとする「免疫反応」によって花粉症の症状である鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの症状が起こります。
花粉は目や鼻、喉から体内に入ってきます。花粉症が体内に侵入してくるとその花粉に反応するIgE抗体というものが作られます。そのIg E抗体は肥満細胞の表面に付着します。再び侵入した花粉がIg E抗体に結合すると、肥満細胞からヒスタミンなどの化学物質が分泌され花粉症の症状として出てきます。

花粉が飛び始める前が大切です

花粉症の症状は、症状がで始める前に薬を飲む事によって症状の発生を遅らせ、飛散シーズン中の症状をやわらげる事が出来るのです。初期に治療を行う事により症状を抑え、薬の量も減らす事が出来ます。

花粉症を室内に入れない

日中に天気がいいと窓を開け換気などをすると気持ちがいいのですが、花粉のピークの時期は窓やドアは出来るだけ開けないようにしましょう。花粉は外から入ってきますので室内入れないのが大切です。そして、室内に入れない事として玄関に入る前に服についた服は外で脱ぐ、払ってから室内に入りましょう。そして、部屋もこまめに掃除をしましょう。絨毯や畳などは花粉が不着しやすいので念入りに掃除をした方がいいですね。

飛散の多い時は外に出ない

やはり、飛散の多い時期は出来るだけ外出を減らす事が一番いいでしょう。しかし、仕事にいったり、学校に、地域の行事、買い物など外に出ないといけない様な事は沢山ありますが、必要な外出以外を避ける様にしましょう。そして外に出る際は花粉を身体に入れない様に防御します。1時間で数万個の花粉が衣類に不着すると言われています。服装も花粉が出来るだけ着かないような生地を選ぶようにします。ポリエステル、ナイロン、ビニール、レザーの生地がいいですね。

まとめ

花粉は目や鼻、口など粘膜があるところから侵入してきますので、メガネ、マスクをしっかりしましょう。帰宅をしたらうがい、手洗いも大切ですし、少しでも目が痒くなったら洗い流す事も大切です。花粉症がひどく生活が出来なくなる方はしっかり早めに医者にかかることをお勧めします。市販薬などでも目の痒みを抑えたりしますので薬剤師に相談をして薬を使う様にしましょう。その前にも自分で出来ることは沢山ありますので、花粉の時期は気をつけるようにしましょうね。

37SALONでは、身体の巡りを意識して代謝を上げることにより、施術によって根本的な体質改善をお勧めしております。是非、お気軽にお越しください!

 

当サロンでは、自らの細胞を活性化させ、働きかける、最新の成長因子を導入した育毛治療も行っております。
白髪はもちろんのこと、髪に関するご相談・施術を行っておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. うつ病と副腎疲労症候群

    うつ病と副腎疲労症候群の違い

  2. 冷え症になりやすい原因

    【女性に多い!】冷え症になりやすい原因とは?

  3. 腰痛の効果的な薬膳料理

    腰痛の効果的な薬膳料理とは?

  4. 育毛に効果が期待できる食事

    育毛に効果が期待できる食事や食事の摂り方とは?

  5. めまいを感じる甲状腺

    めまいを感じる甲状腺の原因とは?

  6. 腰痛治療

    腰痛治療!病院選びのポイント