幹細胞美容液とプラセンタの違いとは?

美容液

高いアンチエイジング効果が期待できるものとして「プラセンタ」を思い浮かべる方も多いでしょう。しかし、最近、セレブの間では「幹細胞美容液」をエイジングケアとして利用している方も多く、その効果が話題になりつつあります。

今回は、「幹細胞美容液」と「プラセンタ」、この2つの違いと、得られる効果の違いなどについて比較したいと思います。

幹細胞美容液とプラセンタの違い

幹細胞コスメには3つの油性成分(植物由来・動物由来・ヒト由来)の幹細胞がありますが、美容業界や医療業界で最も多く使われているのは、ヒト由来である人の皮下脂肪から採取した幹細胞です。

ヒト由来の幹細胞から分泌される「ヒト脂肪由来幹細胞培養液」は、細胞を呼び起こし肌再生してくれるため、エイジング効果が高く、肌にも優しい培養液なのです。

一方でプラセンタは、ヒトや豚や馬、などから取られる胎盤のエキスのことで、サプリメントや化粧品、注射や点滴などの医療分野においても使用されています。

この2つの違いは、幹細胞培養液は悩みの深い肌の場所を、即座に見つけ修復していくのに対し、プラセンタはそれぞれの肌の悩みに対し、時間をかけながら丁寧に修復していく効果があります。

プラセンタ化粧品とは?

プラセンタ化粧品は、人間の細胞を活性化させるために必要な「サイトカイン」、肌に潤いを与えてくれる「コラーゲン」、肌に弾力とハリを与えてくれる「ヒアルロン酸」、肌のハリをキープするための「エラスチン」、老化の原因となる活性酸素を除去する「SOD」などの有効成分が豊富に含まれています。

ビタミンなども含まれるため、美白や保湿、血行促進、抗炎作用などの美容効果を期待することができます。

しかし、主に使用されているプラセンタは豚や馬、羊の胎盤からのものが多く、ヒトから抽出したエキスではないため、加熱処理(減菌・殺菌)が必要になります。プラセンタの有効成分であるタンパク質は熱に弱いため、ある一定温度になると分解が始まってしまうのです(加熱処理は100度や200度の高温処理)。

分解されてしまったタンパク質は、機能が消滅してしまうのです。

幹細胞培養液とは?

幹細胞培養液は、主に美容や医療業界で使用されているのはヒト由来の幹細胞ですが、ヒト由来の幹細胞培養液は、安全が検証された環境で培養されているため、プラセンタのように加熱処理は必要なく、人の細胞を活性化させるための「サイトカイン」やその他成長因子が分解されて消滅されることもありません。

さらに、肌に注射したりして傷をつけることもなく、ホームケアで美容整形級の効果も期待できるため、安心してエイジングケアすることができます。

プラセンタか幹細胞培養液、どっちがより効果が出る?

プラセンタか幹細胞培養液、この2つを比較してどちらが効果がより得られるのかと言えば、「幹細胞培養液」の方がおすすめです。

幹細胞培養液は、確実に組織再生効果を肌にもたらしてくれます。しかも肌に注射することもなく、美容クリニックに通わなくてもいいのです。

幹細胞培養液の化粧品を使い続けることで、老化した細胞も素早く再生させる効果が期待できるため、エイジングケアを取り入れたい方は、是非一度使用してみてはいかがでしょうか。

 

当サロンでは、自らの細胞を活性化させ、働きかける、最新の成長因子を導入した幹細胞治療を行っております。美容に関しても低体温を改善することで、肌へのハリやツヤも生まれます。まずはお気軽にご連絡ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 花粉症対策!ヨーグルトが効果的って本当?!

  2. パサパサ髪の原因としっとり髪にする

    パサパサ髪の原因としっとり髪にするための方法とは?

  3. 睡眠を十分にとる重要性とは!【やっぱり重要な時間】

  4. 低血糖症 予防・改善

    低血糖症を予防・改善する方法

  5. 甲状腺異常

    甲状腺と咳、喉の違和感との関係

  6. 生活環境とアレルギーとの関係

    生活環境とアレルギーとの関係