依存症になりやすい人のタイプとは? 原因とメカニズム

依存症

「依存症」とは、何か物事に対して夢中になり、それを途中でやめたりそれがないことで、不安になったり正常心が保てなくなる状態のことを言います。

このページでは依存症の原因とどんな人がなりやすいのか、依存症の種類などについてご紹介したいと思います。

依存症なりやすい人の原因、タイプとは?

依存症になりやすい人の原因の一つとして考えられるのは、現在何らかの苦痛を背負いこんでいたりしている場合です。

今の状況から逃れたい、自分に自信がない、責任感が人一倍強い、ストレスを受けやすい、つまりは真面目な性格の人ほど依存症になりやすいのです。他にも考えられる人には、強い劣等感を持っていたり、自分に満足できないプライドの高い人がなりやすい傾向にあります。

依存症になってしまうきっかけは、ほんの些細なことからはじまります。最初は軽い気持ちで始めたことが、いつしかそれをしないと落ち着きがなくなり、やめたら苛立ちや不安から離れられなく、自分の意志で欲求をコントロールできなくなります。このように、自分の意思で、頻度や状況等をコントロールできなくなるのが依存症なのです。

依存症の種類

依存症には大きく分けて次の3つのタイプがあります。

1.物質依存:物質に対する依存症
アルコール依存症、喫煙依存症、カフェイン中毒、薬物依存症、摂食障害、借金依存症、砂糖依存症(ジャンクフード)、潔癖症など

2.プロセス依存:行為に対する依存症
ギャンブル依存症、買い物依存症、パソコン・インターネット依存症、メール依存症、ネット中毒、ゲーム依存症、断捨離依存症など

3.関係依存:人間関係に対する依存症
恋愛依存(セックス依存症、セックス中毒)、宗教依存症、暴力依存(ドメスティックバイオレンス)、完璧主義など

上記の依存症の中で、一番心配なのが1.の「物質に対する依存症」です。アルコールやタバコ、薬物依存は摂取しすぎると、それらの量が増え、最終的にコントロールを失います。禁断症状が現れるようになれば、依存がさらに悪化します。
依存症
そして、この3つのタイプの依存症は単体でなく、人によっては2つ以上の依存を併せ持つ場合もあります。例えば、アルコール依存と暴力依存、ギャンブル依存症と喫煙依存症などの合併が多く見受けられます。こうなった場合、依存がさらに悪化していく可能性があるため、要注意です。

依存症を少しでも和らげるには?

もしも依存症を少しでも和らげるには、その対象である依存症から距離を置くことが必要です。

音楽を聴いてみたり、映画を観る、スポーツをしてみる、など別のことに心を傾けることが大切です。従って自分の「心の状態」と、向き合うことが重要なのです。

 

当サロンでは、「頭蓋骨矯正」による施術により、心も身体も、ウチからもソトからもじっくりしっかりとアプローチしていきます。そうすることで、心も癒すことが可能となります。
最近、体の調子が気になる、ストレスを何かしら抱え込んでいる方もお気軽にご連絡ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 花粉症対策!ヨーグルトが効果的って本当?!

  2. 睡眠薬 依存症

    睡眠薬がないと眠れない!依存症受診が急増の理由とは?

  3. 下半身型冷え性

    下半身型冷え性になる原因。改善策は?

  4. めまいを感じる甲状腺

    めまいを感じる甲状腺の原因とは?

  5. 目的別に見る健康食品購入の背景;美容のため

  6. うつ伏せで寝ると腰痛がひどくなる

    うつ伏せで寝ると腰痛がひどくなるって本当!?