風邪をひきにくくするための免疫力アップの方法

免疫力アップの方法

あなたは自分の平熱が何度か知っていますか?通常でしたら、健康な人の平熱は36.5度~37.1度と言われています。しかし、特に女性の中では平熱が36度以下である、「低体温」の方が増えているようです。

この「低体温」は免疫細胞と大きな関わりがあります。低体温を何もしないでいると、免疫力が下がり、生活習慣病や鬱状態、アレルギーやがんなどにかかりやすくなると言われています。

このページでは、免疫力をアップするための方法について紹介したいと思います。

風邪をひきにくくするための免疫力を高める方法

免疫力アップする方法として一番効果的なのは、体温を上げることです。もしも自分の体温が36度以下なら、たった1度温度を上げるだけで免疫力は一時的に5~6倍もアップするのです。

逆に温度が1度下がると、免疫力が30%も低下してしまうそうです。いかに体温を上げることがどれだけ重要なのかが、この数値を見るだけでも納得できるでしょう。

低体温を改善するための体温アップの方法とは?

体温を1度でもアップするには、日常生活の中から見直すことが大切です。それには次のようなことがあります。

生活習慣の改善
食材には全て、身体を温める「陽性食品」と反対に身体を冷やしてしまう「陰性食品」に分かれます。 低体温の方は、主に「陽性食品」と言われる食べ物を摂ると良いでしょう。

「陽性食品」と「陰性食品」の食材の見分け方は次のとおりです。

「陽性食品」・・・色が赤・黒・橙色、寒い時期が旬、寒い地域で育つ、水分が少ないもの
「陰性食品」・・・色が青・白・緑、藍色、暑い時期が旬、熱帯地域で育つ、水分が多いもの、甘い

 
陽性の食品には身体を温める作用があります。そのため低体温の方にはおすすめの食材です。低体温でも、もしも陰性の食品を摂り入れる場合には、陽性の食品と一緒に摂ったり、加熱調理をしたりして、バランスをとるようにするといいでしょう。

陽性の食材
魚介類、肉類、根菜野菜類(ニンジン・ごぼう・ネギ・タマネギ・ニラ・生姜・にんにくなど)、発酵食品(納豆・チーズ・みそ)、梅干、卵、しょうゆ、日本酒

陰性の食材
葉菜野菜類(大根・ナス・キュウリ・モヤシ・レタスなど)、果物(バナナ・パイナップル・マンゴー・キウイ・レモン・スイカ・トマト・柿など)、マヨネーズ、牛乳、白砂糖、スナック、コーヒー、ビール

 

継続的な運動

日中座りっぱなしでのデスクワークの方や、歩かない、日頃適度な運動をしていない方は代謝を悪くし、免疫力が低下します。
継続的な運動
例え、数十分のウォーキングや適度な運動でもいいので毎日続けることで筋肉量がアップし、低体温も改善されていきます。低体温を上げるには、筋肉量を上げることが必須です。激しい運動はかえって免疫力が低下するため、継続的な運動を志すようにしましょう。
 
入浴方法の改善
入浴方法の改善
面倒だからとあなたは毎日、シャワーで済ませてはいませんか?湯船に10分程度浸かることで、体温は約1度上昇します。

そのため、5分でも10分でも湯船に浸かりましょう。
 
白湯を飲む

白湯は朝飲むことでたくさんの効果があります。特に寝起きは最も体温が低い状態で、血液はドロドロ状態です。白湯を飲むことで体が温まり、寝起きの水分不足気味の体には程よく水分を吸収することができます。
白湯を飲む
冷たい水を飲むと体温が下がりすぎて返って逆効果となるため、白湯で飲むことが重要です。

 

免疫力低下の原因は「低体温」が大きな要因となっていることが多く、「低体温」であるばかりに体の様々な調子を狂わせていきます。
当サロンでは、最適な体温である「37℃」を目指した施術を行っております。「37℃」を目指す、頭蓋骨マッサージを行うことで、カラダのウチからアプローチします。
高温期と低温期のバランスが悪く、最近身体の調子が気になる方は、まずはお気軽にご連絡ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 老け顔に見える原因

    老け顔に見える原因とは?若く見える人との決定的な違いとは?

  2. 高齢出産、2人目は何歳から?気をつけたいリスクを考える。

  3. 生理中の便秘

    生理中は便秘になりやすい?便秘の原因と解消法とは?

  4. 寝起き・目覚めを良くする方法

    寝起き・目覚めを良くする7つの方法

  5. 甲状腺疲労

    甲状腺疲労とは?

  6. 冷えとり対策

    冷えとり対策 ※身近なところから始める!