即効性のある貧血対策とは?自分でできる応急処置

即効性のある貧血対策

急に出先で貧血になり、具合が悪くなった時、目の前が暗くなって突然倒れそうになった時、周りの音が聞こえづらくなったりした場合、あなたはどうしますか?

このページでは、もしも出先で貧血になった時の対策やその場でできる即効性のある応急処置の方法などをご紹介したいと思います。

貧血の主な症状とは?

貧血の主な症状には次のようなものが挙げられます。
貧血
・めまい
・立ちくらみ
・動悸
・耳鳴り
・めまい
・呼吸困難
・食欲減退
・顔面蒼白
・体のだるさ

この中で特にめまいや立ちくらみ、動悸は出先で突然起こることもあり、その場で適切な判断や処置をしないと怪我をしたり、大きな事故へと繋がってしまう可能性もあります。

もしも妊娠中でこのような症状になれば、お腹の赤ちゃんにも大きな影響を与えてしまう危険性だってあります。

出先でのとっさの対処方法とは?

出先で突然症状が現れた時は、次の点に気を付けていくのがポイントとなります。

めまいや立ちくらみをしたら・・・
めまいや立ちくらみは、目の前が一瞬真っ暗になったり、視界がぐにゃっとゆがんだりして、そうなることで転倒して頭を打ったり、打ち所が悪いと骨折したり、大事故に繋がるかもしれません。そんな時の対処方法としては、急に動いたりはせず、座り込んで低い姿勢を取るようにして症状が収まるのを待ちます。

しばらく安静にしていれば大抵の場合は、収まってきます。

しかし、良くなったからと言ってすぐには動かないことです。すぐに動くと先ほどと同じように、立ちくらみをやめまいを起こす可能性があります。様子を見ながら徐々に元の姿勢に起こすようにしましょう。

貧血の自分でできる応急処置とは?

即効性のある貧血対策
自分でできる貧血の応急処置の3つのポイントは、次のとおりです。

・安静にする
・衣服をゆるめる
・体を温める

安静にする
先ほどの説明のように、急にめまいや立ちくらみがしたら、先ずは安静にします。

横になれる状態であれば、横になる、もしもそうでない環境の中でも座ったり低い姿勢を保つなど、とにかく安静にしながら休むことがポイントです。

衣服をゆるめる
安静な体勢を保ったら、次にシャツのボタンやベルトなど、締め付けている物をゆるめて身体をリラックスさせましょう。そうすることで血行の流れがよくなり、貧血も収まってきます。

体を温める
貧血になると寒気を感じるため、体を温めることも大切になります。

首から肩を蒸しタオルなどで温めてみたり、鉄分の多い食事を摂ったり生姜の入った飲み物を飲んだりして心をリラックスさせると良いでしょう。

 

貧血を少しでも改善していくためには、先ずは規則正しい食生活から見直すことが重要です。特に女性は、ダイエットをしている方が多く、栄養不足になりがちです。鉄不足で体調を崩してしまえば、例えスリムになったとしても健康的な痩せ方ではありません。根本的な体質改善を行うことで、体温が上がり基礎代謝もアップされ、生活習慣を改善させることは可能です。
当サロンでは、「ソト」はもちろん、「ウチ」からの体質改善も目指した施術を行っています。まずはお気軽に相談ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 甘いもの依存症

    【甘いもの依存症】砂糖が止められない理由と、克服するには?

  2. 代謝をアップさせる温朝食

    代謝をアップさせる温朝食とは?【便秘解消!ダイエット効果もバ…

  3. 白髪

    抜くと増えるのは本当?白髪が増える原因と対策

  4. 美肌と免疫力の関係性

    美肌と免疫力の関係性

  5. 低体温症

    体が不調の原因を知ろう!低体温症の特徴とは?

  6. 低血圧の症状

    低血圧の症状とは?体調不良につながる3つの原因