冷えとり健康法

冷えとり健康法

冷え性改善などに有効な方法として冷えとり健康法があります。冷えとりとは、人の上半身の体温が高く、下半身の体温が低い状態の体温差をなくし、血の巡りをよくすることで、健康になる方法です。

冷えとりでは、頭寒足熱の状態を作ることで、全身の血液循環が良くなり、大量の悩みが解消されると言われています。具体的な方法は、下半身を温める方法として一番効果的なのは半身浴です。ポイントはぬるめの温度にして、みぞおちから下を温めます。最低30分以上行います。

ぬるめのお湯に浸かることで、体を芯から温めることができます。お湯が熱いと長時間入浴できず、心臓にも負担がかかるためお湯の温度は重要です。20分ほどでじんわりと汗が出てくるようになるため、適度に水分補給を行います。全身が冷えないように肩には乾いたタオルをかけることです。

日中や夜寝ている時でも頭寒足熱状態を作る方法として靴下の重ね履きがあります。冷えとり用の靴下は、普通の靴下とは異なり絹や綿、ウールでできており、一枚一枚がとても薄いため、締め付けられることもありません。

重ね履きする順番としては、1枚目に絹の靴下、2枚目に綿またはウールの靴下、3枚目に絹、4枚目には綿またはウールです。奇数が絹、偶数が綿またはウールの順番で重ねていきます。基本は、4枚ですが、冷えがひどい人は、冷えを感じなくなる枚数まで繰り返します。絹は身体の毒素を吸って排出し、その排出した毒を綿やウールが受け止め濾過すると考えられています。夏でも枚数を減らして重ね履きを行います。

下半身を温めても上半身が厚着の状態では、頭寒足熱の状態を作ることはできないため、上半身は薄着にします。上半身を意識して薄毛にすることで、効果があらわれやすいとされています。他にも、下半身を温めるために、ゆたんぽやレギンスを履く、布ナプキンを使うなどがあります。肌に触れる衣類は、絹などの天然繊維が推奨されます。

関連記事

  1. 食後高血糖

    食後高血糖とは?気が付きにくい糖尿病を抑える「セカンドミール…

  2. 高血圧

    高血圧の原因と身近でできる対策とは?

  3. ぺたんこ髪をふんわり髪にさせる

    ぺたんこ髪をふんわり髪にさせるシャンプー法とは?

  4. 睡眠を十分にとる重要性とは!【やっぱり重要な時間】

  5. 低体温症

    体が不調の原因を知ろう!低体温症の特徴とは?

  6. 発熱が原因の便秘

    原因は便秘・・・?発熱が原因の便秘の思わぬ症状とは?