【女性に多い!】冷え症になりやすい原因とは?

冷え症になりやすい原因

女性の方で冷え性に悩んでいる人は、2人に1人と言われているのをあなたはご存知でしょうか?

成人で冷えに悩んでいる女性は予想以上に多く、足や手、お腹などの冷えを感じていて対策を取っている方は多いです。冷えは「生理痛」や「肩こり」、「頭痛」の引き金になるばかりか、「不妊」になってしまうこともあり得ます。

今回は、冷え症になってしまう原因には何があるのか、について重点的にご紹介したいと思います。

冷え症の原因は「自律神経の乱れ」によっておこる

冷えは、自律神経がコントロールできない状態に陥ることが主な原因となります。

通勤電車や会社内ではクーラーが効いていて、夏の日も快適に過ごすことができます。そのこと自体は悪くありません。ですが、室内では寒すぎるくらいに効いていて肌寒いと感じるのに、外に出れば真夏の気温で汗が出てしまうこともあるでしょう。

これが実は体には全く良くないのです。

熱い時は汗をしっかりかいて気温に合わせることも大切です。人間には本来、体温を調整する働きが備わっています。自律神経が乱れると体温の調節もできなくなり、冷え性になってしまいます。

また、冷え症の原因には次のことも考えられます。

・気温差のある空間へ行く
・貧血
・血行不良
・生理
・太り意味

冷え症の原因
気温差のある空間に行ったり来たりするのはあまりよくありません。また、貧血気味、血液循環が悪い時にも冷え症になりやすいです。ただ、気になるのは、なぜ男性ではなく、女性に冷え性が多いのかという点です。

その理由として、女性は男性よりも筋肉が少なく、生理がある点が大きいです。筋肉よりも身体に脂肪が蓄えられている女の人。それも冷えを誘引しやすい理由です。

筋肉があると、運動するとすぐに熱量になりやすくエネルギーになるので冷えにくい特性があります。脂肪分が少ないよりも多い人の方が熱になりにくく冷えやすくなり、一度冷えると温まらない性質を持っています。

また、生理の時には血液が大量に奪われてしまい、貧血状態になります。そうなると余計に冷えを生みます。生理の時ほど、クーラーの効いた部屋で作業すると具合が悪くなる人はいないでしょうか。

生理中の冷えの原因には、プロスタグランジンというホルモンの分泌量が減ることと、血液が体の外に排出されてしまうことが大きく考えられます。

生理になるとプロゲステロンの分泌量が減ります。プロゲステロンが分泌されることで子宮収縮が起こり、スムーズに経血を排出することができます。しかし冷えによって、子宮の収縮のコントールが定まらず、経血の排出が困難になってしまうのです。

その他の考えられる原因には、男性の方がオフィスで暑いファッションをしていることも理由です。男性はスーツを着て長袖なのに、女性は半袖を着ていることも理由のひとつとして挙げられます。

 

当サロンでは、基礎代謝を上げることで、新陳代謝を促進させ、体のターンオーバーを整えるための施術を行っております。それによって冷え性改善にも繋がっていきます。まずはお気軽にご連絡ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 甲状腺異常

    甲状腺と咳、喉の違和感との関係

  2. 白髪

    抜くと増えるのは本当?白髪が増える原因と対策

  3. 香りが睡眠に及ぼす効果

    香りが睡眠に及ぼす効果とは?【熟睡と香りの関係】

  4. 美容 冷え

    冷えのぼせとは?

  5. 便秘の薬は飲み続けても大丈夫?(実は危ない便秘薬)

  6. 低体温症

    体が不調の原因を知ろう!低体温症の特徴とは?