美肌と免疫力の関係性

美肌と免疫力の関係性

「免疫」と聞くと、風邪を引きやすくなった、インフルエンザにかかりやすくなった・・・など、健康面が原因で起こることが多いと考えられがちですが、実は、美肌とも大きな関係があります。

免疫のチカラを十分に働かせることができれば、あなたも美肌美人に近づくことができるでしょう。今回は、美肌がどれだけ免疫と関係があるのか、それによって肌にどんな影響を受けるのかについてご紹介したいと思います。

免疫力と美容はどんな関係性?

免疫力は高ければ、外から侵入してくるウイルスや体内の有害物質を減少させることで、病気やウイルスが入り込まないようにしてくれます。しかし、免疫力が高いことは、健康だけではなく、美容の面からおいても大きく関係しています。

肌の免疫力の源は、「ランゲルハンス細胞」と言って、肌自ら美しくなろうとする力を持っている細胞があります。この「ランゲルハンス細胞」は、表皮全体の細胞数の2~5%を占めていますが、免疫細胞のひとつとして異物の侵入を察知する役目をしています。そして次の免疫細胞へとつなぐ役割も持っています。

そのことにより「ランゲルハンス細胞」には、次の2つの役割を担っています。
肌の免疫力
・伝達、指令機能
・自己防衛機能

伝達、指令機能

「伝達、指令機能」は、ウイルスや有害物質などの異物に対して、他の免疫細胞に異物を攻撃するように司令塔を出します。司令塔を出された「ランゲルハンス細胞」は、最終的に免疫機能が働くことで、侵入物は排除されます。

自己防衛機能

「自己防衛機能」は、紫外線や乾燥などの刺激や過剰な反応を鎮静化するなどして炎症が起こらないようにしてくれます。

「ランゲルハンス細胞」は働きがが衰えてしまうと、免疫機能を十分に発揮できず、抵抗力減退や敏感肌や潤い・ハリがない肌になってしまうのです。

肌の免疫力を高めるには?

美肌と免疫力の関係性
美肌を作り出すためには、免疫力を高めるようにしなければいけません。そして、免疫力を高めるためには、先ず第一に生活習慣を整えることが大切になります。

生活習慣は、まずはストレスを溜め込まないこと。そして、食生活や睡眠への確保、運動をするなどすることが重要です。

また、肌の免疫力アップには免疫機能と腸内環境との関係が欠かせません。腸の働きを高めるための食品を取り入れることです。食物繊維は便の通りをよくし、便秘解消に効果が持てます。

食物繊維の代表的なものに、根菜類やきのこなどがあります。腸の善玉菌を増やす乳酸菌、ビフィズス菌がたくさん含まれているヨーグルトなども肌の免疫力を高めるにはおすすめです。

 

免疫力低下の原因は「低体温」が大きな要因となっていることが多く、「低体温」であるばかりに体の様々な調子を狂わせていきます。
当サロンでは、最適な体温である「37℃」を目指した施術を行っております。「37℃」を目指す、頭蓋骨マッサージを行うことで、カラダのウチからアプローチします。
高温期と低温期のバランスが悪く、最近身体の調子が気になる方は、まずはお気軽にご連絡ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 快眠サイクル

    体内時計と睡眠のメカニズム【快眠サイクルを知ろう】

  2. 買い物依存症

    【買い物依存症】ストレスが大きく関係するワケとは?

  3. 高血圧

    高血圧の原因と身近でできる対策とは?

  4. ヒートショックプロテインを効果的に増やす3つの方法

  5. 食後高血糖

    食後高血糖とは?気が付きにくい糖尿病を抑える「セカンドミール…

  6. 女性の便秘

    女性が抱える主な便秘リスクとは?【原因と対策】