肌荒れの原因は免疫力低下が原因?その対策法とは?

免疫力低下

最近、ニキビや吹き出物が次から次へとできるようになった、肌荒れがひどい、という方は免疫力が低下しているかもしれません。

肌荒れや吹き出物などは自律神経と大きな関係があります。ストレスなどで心身へのバランスが崩れることで、自律神経の働きに乱れが生じ、皮膚に十分な栄養や酸素が送られないことで肌荒れをおこします。

自律神経の乱れは、免疫力の低下を招きます。負のスパイラルがぐるぐる回っている状態のため、どこかで改善しないと肌荒れも解消できないのです。

健康面だけでない!免疫力低下は美容とも大きな関係がある

免疫力と肌荒れとの関係は深く、体が元気であれば増殖や炎症を防ぐことができます。そのため、吹き出物やニキビも抑えることができ、防ぐこともできます。

しかし、免疫力が低下し疲れ切っているときは、炎症を抑えることができず、外敵から守ることができなくなります。そのため、吹き出物やニキビができやすくなってしまうのです。

肌は、肌の細胞が生まれ変わるターンオーバーという一定のサイクルで新しく生まれ変わっています。通常、ターンオーバーは1ヶ月前後が理想とされていますが、この周期が長くても短くても肌トラブルを招きます。

例えば肌のターンオーバーの周期が平均よりも短いと、バリアの役目をする角質が早く剥がれる事になるため、敏感肌や乾燥肌になったりします。肌のターンオーバーの周期が平均よりも長い場合は、古い角質細胞が肌表面に停滞してしまうため、肌のくすみや、 シミが消えにくくなったりニキビの原因にもなります。

加齢とともにターンオーバーの周期が長くなる傾向があるようですが、一番理想なのは1ヶ月前後の周期です。肌荒れを起こさない美しい肌を維持するためには、ターンオーバーをいかに正常に保つことができるかがポイントとなります。

免疫力が低下しているか見分ける方法

自分が今免疫力が低下しているかどうか見分けるには、次のような項目をチェックしてみてはどうでしょうか。以下の項目に当てはまる方は免疫力低下の可能性が高いと言えます。

・吹き出物やニキビが次から次へと出る
・肌荒れが完治しにくい
・体がだるい、疲れやすい
・風邪を引きやすく長引く
・目覚めが悪い

肌荒れを改善するための免疫力をアップさせるには?

免疫力をアップさせる
免疫力をアップさせるには、先ずは日頃のストレスを解消することです。

笑うこと
大阪の吉本新喜劇で笑いと健康について実験が行われたそうですが、その実験結果では、漫才や落語、コントなど、お笑い芸を見て大笑いしたあとは免疫力がアップしていたそうです。

がん細胞などを殺す「ナチュラルキラー(NK)細胞」が元来低かった人もお笑いを見た後では高くなったことで、いかに笑いが免疫力アップに繋がるかが残せる結果となっています。

日頃気心の知れたお友達と思いっきり笑うことで、免疫力は自然とアップします。

運動したりして自然な汗を流す
体を動かせば日頃の嫌なことも忘れ、ストレスが軽減できます。また、適度な運動をすることで体内機能がアップし、血流も良くなるため免疫力の向上に繋がります。

適度な運動とは、ストレッチやウォーキングなどといった軽い運動を毎日続ければ、それで十分です。

好きなことをしてゆったりして過ごす
お仕事がお休みの日には、自分の好きなことをして、リラックスしながら過ごすことも大切です。

読書をしたり、好きなDVDを見たり、映画が好きな人は思いっきりその世界に入って鑑賞するのもいいでしょう。ただし、笑える映画がおすすめです。ホラー映画などの怖い映画は、脳からアドレナリンが分泌され、免疫力が高くなるどころか低くなってしまいます。これでは逆効果です! 

また、笑える映画の他に、泣ける映画も免疫力を高める効果があるようです。感動する映画を見てスッキリした経験があるように、涙を出すことで副交感神経が働き、身体もリラックスします。涙を出すことで、人は少なからず興奮し、興奮することで血行が良くなります。血行が良くなると体温も上がります。そのため、泣ける映画もおすすめです。

 

免疫力低下の原因は「低体温」が大きな要因となっていることが多く、「低体温」であるばかりに体の様々な調子を狂わせていきます。
当サロンでは、最適な体温である「37℃」を目指した施術を行っております。「37℃」を目指す、頭蓋骨マッサージを行うことで、カラダのウチからアプローチします。
高温期と低温期のバランスが悪く、最近身体の調子が気になる方は、まずはお気軽にご連絡ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. アルコール依存症

    アルコール依存症!症状は?止められなくなるとどうなる?

  2. 新陳代謝を上げる食べ物

    新陳代謝を上げる食べ物とは?

  3. 依存症

    依存症になりやすい人のタイプとは? 原因とメカニズム

  4. 低血糖症 予防・改善

    低血糖症を予防・改善する方法

  5. 腰痛と寝方

    寝方にも原因がある!睡眠と腰痛の関係性

  6. 便秘が炭酸水に効果的な理由

    便秘が炭酸水に効果的な理由とは?