岩盤浴はデトックス効果に有効的?効率を上げる方法と注意点

岩盤浴

(上記写真は北海道札幌市「湯の郷 絢ほのか」の岩盤浴です)

今や女性に大人気の「岩盤浴」。

岩盤浴とは、温めた天然石や岩石を加工したベッドの上で横になって汗をかくサウナ形式の風呂の一種で、「お湯の要らないお風呂」などとも呼ばれています。(Wikipediaより引用)

天然の浴場では、秋田県の玉川温泉などが有名ですが、この岩盤浴を行うことで、デトックス効果はバツグンなのです! 今回はこの岩盤浴でより効率を上げるための方法と、入り方についてご紹介したいと思います。

岩盤浴のデトックス効果とは?

岩盤浴に使われる天然鉱石には、遠赤外線やマイナスイオンなどが放射されます。そのため、サウナのような80度前後の温度によって大量の汗が出るのとは違い、岩盤浴の場合は身体を内側からジワジワと温め、サラサラとした汗が出ます。そのため、体は芯から温まり、ゆっくり汗をかくことができるのです。

じっくり出た汗は、身体の中に溜まってしまっている毒素や老廃物を排出し、デトックス効果を発揮することができるのです。

岩盤浴はなぜデトックス効果が良いとされているの?

岩盤浴がなぜデトックスに良いのかは、毒素の種類やその効果を理解すると分かりやすいと思います。

毒素には次の2種類があります。

・体内毒素
・体外毒素

この違いをそれぞれ紹介します。

体内毒素

体内毒素とは、常日頃の生活の中で、体内の代謝活動から生まれた「老廃物」のことを言います。

「老廃物」とは、乳酸や尿素、アンモニアなどが含まれます。腸内で発生するニオイ成分なども体内毒素の中に含まれます。

体外毒素

体外毒素とは、食物と一緒に口から体に入ってきた水銀などの金属や多量のリン、ニコチンなどのことを言います。その中でも一番問題になるのが水銀です。

有害金属は水にとけにくくく、蓄積される傾向があります。

岩盤浴は2種類の毒素排出を促進する作用あり!

このような2種類の毒素が体内に溜まることで、疲れやむくみなどの原因となってしまいますが、岩盤浴には遠赤外線とマイナスイオンが放射されることで、基礎代謝がさかんになります。

基礎代謝が高まれば血行がよくなり、腎臓の働きがさかんになってより多くの老廃物が尿として体外に排泄されるようになるのです。

そして遠赤外線で皮脂腺の分泌機能が上がり、それと同時にマイナスイオンは、皮脂腺の詰まりを改善してくれます。その結果、通常よりも大量に体外毒素を排出することができるのです。

したがって、岩盤浴に入ったらじっくりとサラサラの汗をかけばよいのです。そうすることで知らず知らずのうちに、代謝を高め血行をよくし、毒素の排出機能を高めてくれます。

より効果的な岩盤浴の入り方とは?

岩盤浴に入ったら、どれくらいの間入ればいいのか気になりますよね? 今の岩盤浴には、マンガやドリンクバーがあって長時間くつろげるところも多いですが、効果的なのは1回約15分~20分くらいが理想です。

最初はうつ伏せの状態で5分~10分ほど寝ることによって、内臓が温まり、動きが次第と活発になり体全体の循環も良くなってきます。特に冷え性の人は内臓が冷えているので、とても効果的です。

10分後、次は仰向けで10分程寝ます。その後休憩を5分間入れ、水分補給をこまめに行いながら、これを3回繰り返します。

全体の入浴時間の60~70%程度を仰向けで、40~30%をうつ伏せで状態を保つのが岩盤浴の基本となります。この流れを1セットとして、合計で60分~90分ほど入るとより効果が高まります。

入り過ぎは危険!何事もほどほどが効果的

このように岩盤浴は入ることで、デトックス効果をより高めてくれます。しかし、効果を上げたいからと、1日のうちの長時間もの間、岩盤浴に入っていては体力を大きく奪うだけでなく、体の水分も奪われてしまい、こが原因で脱水症状が起きてしまうこともあります。

何事もほどほどが理想的ですが、できれば岩盤浴は週1~2回程度が良いでしょう。発汗しすぎると汗腺障害になってしまったり、体に必要な成分までもが奪われてしまいます。

もしも、岩盤浴に週1~2回通うことが難しい場合は、代謝を高めてくれるような当サロンへ通って頂くこともできます。当サロンは週2回までも通うことなく、十分に基礎代謝を高め、カラダの「ウチ・ソト」両方から
美しさを磨くことができます。

まずはお気軽にご連絡ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 便秘と自律神経

    便秘と自律神経の関係性とは?

  2. アルコール依存症

    アルコール依存症!症状は?止められなくなるとどうなる?

  3. 男性の便秘

    男性が抱える主な便秘リスクとは?【原因と対策】

  4. 冷え症になりやすい原因

    【女性に多い!】冷え症になりやすい原因とは?

  5. 生活環境とアレルギーとの関係

    生活環境とアレルギーとの関係

  6. 便秘薬依存症の恐怖

    便秘薬依存症の恐怖