老け顔に見える原因とは?若く見える人との決定的な違いとは?

老け顔に見える原因

年齢より老けて見られたりする人もいれば、実年齢よりも何歳も若く見られる人もいますが、女性なら、少しでも若々しく見られたいと思うのは誰しもが思うことだと思います。

そこで今回は、老け顔の原因と、老け顔を改善するための習慣を紹介します。

「老け顔」って実際にはどんな顔のこと?

老け顔、老け顔と言われますが、では実際に老け顔とはどんな顔を言うのでしょうか。老け顔に見られる原因を以下にまとめました。

・ほうれい線の目立ち
・肌のたるみ
・シワが多い、シワが深い
・肌のくすみ

上記のような肌の状態は、加齢や日々のスキンケアの怠りが原因となり、肌機能が低下することで老け顔の原因となります。そして、さらに老け顔に見られる大きな要因のひとつが、「目の下のくま」です。

「目の下のくま」には、それぞれ次のような3つのタイプがあり、実はそれぞれに合った対策や改善方法があるんです。目の下の皮膚は約0.6ミリととても薄いため、とてもデリケートです。加齢によって表情筋が衰えることで、脂肪や皮膚を支える力が弱くなり、たるみやすい箇所でもあります。

・青クマ:血行不良が原因
・茶クマ:皮膚の色素沈着が原因
・黒クマ:たるみが原因

血行不良が原因の青クマ

青クマができる原因として最も多いのが血行不良です。血行不良は、寝不足や疲労、運動不足、鉄分不足などが有名です。そしてそれ以外にも、眼精疲労やドライアイも、青クマを作る原因となります。
青クマ
そのため、デスクワークによるパソコンの見すぎによってクマを作ったり、スマホの見すぎなども考えられます。

青クマを改善するには、目の下の血行を良くしてあげることが重要です。そのためには、睡眠をきちんと確保すること、そして適度な運動をすることにあります。青クマになりやすい人として、冷え性の方が多いです。そのため、日々のちょっとした心がけでの、例えばウォーキングなどをするだけでも効果があります。

また、目の下のマッサージやツボ押しで血行を促進するのもおすすめです。しかし、マッサージしすぎると、かえって反対にたるみにつながってしまうこともあるため、注意が必要となります。

皮膚の色素沈着が原因の茶クマ

茶クマができる原因として最も多いのが皮膚の色素沈着です。そのため、いくら改善しようとしてもクマが一向に消えない、という人は色素沈着を起こしている可能性が高いです。
茶クマ
色素沈着は紫外線や化粧品かぶれによる肌ダメージによって発生することが多く、女性が一番になりやすいクマとも言えます。色素沈着はシミと同じであるため、放っておくとさらに濃くなってしまいます。

茶クマができる色素沈着には、ファンデーションやアイシャドウ、アイライン、マスカラによって発生する場合もあります。そのため、クレンジングでしっかり目の下も落とすよう、そのままメイクしたまま寝てしまうことがないよう、メイクオフする習慣を身につけることが茶クマを解消するための習慣です。

たるみが原因の黒クマ

黒クマができる原因として最も多いのがたるみです。たるみには、加齢や筋力の衰えによって起こったり、日々のお手入れ不足などの様々な要素が重なって原因となります。
黒クマ
そして、それらの要因が重なり目の周りがたるんでくると、下まぶたが下がるため、皮膚に段差が出てきてそれが影となり、黒く見えてクマとして現れるのです。影のため、当然メイクで隠すことはできません。

黒クマ、すまわち目の下のたるみを改善するには、筋トレが効果的です。目のまわりを覆っているドーナッツ状の筋肉である「眼輪筋」を鍛えることで、むくみや余分な脂肪が解消され、よりハッキリした顔立ちになったり、ぱっちりな目が戻ってきて、老け顔の改善にもなります。

 

当サロンでは、「ソト」からの美肌を目指すとともに、「ウチ」からのキレイも目指した施術、いわゆる37℃の体温の施術を目指した施術を行っています。体温を上げることで基礎代謝が上がり、老け顔も改善されてきます。まずはお気軽に相談ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 肌代謝を上げる方法

    肌代謝を上げる方法

  2. 過多月経

    生理の量が多い原因と対策【潜んでいる病気とは?】

  3. 内蔵型冷え性

    内蔵型冷え性の原因とは?その改善策は?

  4. 頭皮の臭い

    頭皮の臭いを改善するための生活習慣とは?

  5. 髪がべたつくのはなぜ?毎日洗っても改善しない原因

  6. 香りが睡眠に及ぼす効果

    香りが睡眠に及ぼす効果とは?【熟睡と香りの関係】