女性の円形脱毛症の原因とは?更年期障害との関係性

女性の円形脱毛症

女性に多い、円形脱毛症。特に更年期を迎えると、円形脱毛症に悩まされる女性が多くなります。

その原因とは、ストレスやホルモンバランスにあります。そして、円形脱毛症だけでなく、薄毛や抜け毛に悩まされることもあります。今回は、円形脱毛症と更年期障害とはどんな関係性があるのか?その原因と対策方法
について紹介します。

円形脱毛症の症状とは?

女性の更年期は、身体の不調が主ですが、髪に対する悩みを抱える方が急増します。髪に対する悩みはそれぞれですが、主に次のような症状を感じる方が多くいらっしゃいます。

・髪のツヤが出ない
・ハリ、コシがなくぱさつく
・ニオイが気になる
・白髪が増えた
・髪が最近薄くなった
・生え際が上がった

この中に、実は「円形脱毛症」を訴える方も多いのです。円形脱毛症というのは、次第に髪が薄くなるのではなく、突然その場所だけ髪の毛が一気に抜け落ちてしまう症状を言います。

女性の場合は男性と比べて、髪が多いため気づきにくく、鏡などである日突然気づいたときのショックは相当大きいでしょう。円形脱毛症の大きさは、一般的には10円玉くらいの脱毛部分ができますが、人によっては頭部全体に広がったり、中には、眉毛やまつ毛にまで及ぶ汎発型という種類の円形脱毛症もあります。

なぜ更年期に円形脱毛症になるのか、そのワケとは?

円形脱毛症になるそもそもの原因は、自己免疫疾患にあります。

自己免疫疾患は、外部からの侵入物を攻撃することで、私たちが風邪などを引かないよう守ってくれている免疫系機能に何らかの異常が生じ、自分自身の体の一部を異物とみなし、攻撃してしまう疾患のことを言います。

その症状を発症するきっかけとなるのが、疲労である肉体的ストレス、精神的なストレスであると言われています。

それが更年期になると、女性ホルモンが急激に減少しホルモンバランスが次第に崩れていきます。そのため自律神経が不安定になってしまうことで、イライラやストレスなどを感じやすくなり、円形脱毛症となるのです。

また、更年期にはエストロゲンの減少とともに、コラーゲンもどんどん減少します。コラーゲンが減少すると髪の毛自体に元気がなくなってしまったり、頭皮の弾力や潤いが損なわれ、血流が悪化したり、頭皮が乾燥し、かゆみが出る、その他には眼精疲労や老眼、肌トラブルも関係してきます。

円形脱毛症を防ぐ方法

このように更年期になると、あらゆる症状を訴えるようになります。

髪に対する悩みは尽きなくなりますが、円形脱毛症を防ぐには、ストレスの少ない生活を送ることが大切です。しかしこの世の中、ストレスなしで過ごすことはそう容易いことではありません。

ストレスを少しでも貯めないようにするためには、その都度解消していくことが重要となります。そして、食事は毎日1日3食摂り、温かい飲み物などを飲んで体を冷やさないようにしたり、軽いスポーツをしてみる、趣味の時間を持つなどして心に余裕を作ることが何よりもの予防策となります。

 

当サロンでは、自らの細胞を活性化させ、働きかける、最新の成長因子を導入した育毛治療も行っております。
頭皮のかゆみ、最近薄毛が気になる気になる方は、まずはお気軽にご連絡ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 冷え症になりやすい原因

    【女性に多い!】冷え症になりやすい原因とは?

  2. くせ毛は遺伝なの?遺伝の確率と生活習慣で髪質を改善する方法

  3. 花粉による肌荒れ(原因と対策)

  4. 女性に多い甲状腺

    女性に多い甲状腺!健康を維持する3つの方法

  5. 美容 体臭

    便秘が続くと体臭がひどくなるって本当?

  6. 髪のうねりの原因

    髪のうねりの原因【遺伝?老化が原因って本当?】