コーヒーの飲み過ぎは鉄分不足を招くって本当?(ヘム鉄摂取で対策)

コーヒー大好きな方は要注意

朝起きてから、仕事中にホッと一息を入れる時に、リラックスをする時にもコーヒーを飲む方は多いですよね。コーヒーの香りって落ち着きますからね。お出かけしてお茶する時にもコーヒーって欠かせないですね。実はコーヒーっていろいろな効果があるんです。でもその反面で飲みすぎるとよくない事が起こります。では、今回はコーヒーを飲むといい事とよくない事をお伝えしていきます。

コーヒーの効果

妊娠中のカフェインはあまりよくありませんし、カフェイン自体よくないというイメージが多いです。しかし飲み過ぎは良くないですが、コーヒーにはすごく嬉しい効果がたくさんあります。

①脂肪燃焼してダイエットの促進につながります
身体を動かす前にコーヒーを飲みます。すると運動して20分以すると脂肪燃焼されるのですが、コーヒーはここで発揮します。脂肪を分解しやすくして血中の脂肪酸濃度が上昇するのです。

②糖尿病予防
1日1杯のコーヒーを飲むとクロロゲン酸が血糖値の効果が期待出来ます。ですので、糖尿病の発症のリスクが低下する事がわかりました。

③アンチエイジング効果
コーヒーに含まれるクロロゲン酸などのポリフェノールには強力な抗酸化作用があります。抗酸化作用は体内の活性化酸素を除去しその繁殖を抑えます。活性酸素はシミやシワ、肌のたるみなどのトラブルになりますが、それを防いでくれるのです。

④リラックス効果
コーヒーに含まれているクロロゲン酸が加熱されると分解されてカフェ酸が出来ます。コーヒーの香りには脳をα波を出す効果があるので気持ちを落ち着かせてリラックスをする事が出来るのです。こんなにいい効果がいっぱいあるので、是非、コーヒーを飲みたいですね。

コーヒーを飲みすぎると

でも、実はコーヒーの飲み過ぎには注意しないといけません。コーヒーの飲み過ぎはカフェインの過剰摂取になってしまいます。取りすぎると興奮、覚醒、めまい、下痢、吐き気、不安感、震え、不眠、血圧の上昇などの症状が出てきます。この症状は健康な人であっても必ず出てくる症状になります。そして、この摂取が続くと病気になり可能性もありますし、心身に影響を及ぼす可能性もあるのです。

鉄分不足

そして怖いのがコーヒーが鉄分の吸収を阻害すると言うのです。コーヒーに含まれている成分にタンニンがあるのですが、これはポリフェノールの一種であり、基本的にはいい成分なのですが、タンニンは鉄分の吸収を阻害する効果があるのです。タンニン鉄は水にとけにくくなり腸内で鉄分の吸収がさまたげられてしまうのです。貧血気味の方や、鉄のサプリメントを取っている方はコーヒーの飲み方を考えた方がいいかもしれません。

ヘム鉄がオススメ

鉄分を補給するためにヘム鉄のサプリメント飲んでいる方もると思いますがヘム鉄の飲み方のタイミングを再度確認し、食前と、食後は避けましょう。食後1〜2時間空けてから飲むようにしましょう。このことから空腹で飲む事が効果的ですね。そんなときにコーヒーも飲んでしまうと余計に鉄を妨げてしまうので、一緒に摂取するのはやめた方がいいかもしれません。

飲み過ぎはどのくらい?

飲み過ぎといってもコーヒーの1日3から5杯までは飲んでも大丈夫と言われています。しかし、エナジードリンクによるカフェイン中毒もありますが、カフェインの量はあれば成人なら1日400mg。コーヒー一杯が150mlであると1日4杯、カフェなどで飲むなら80mlくらいなので、5杯ほどは飲める計算になります。しかし、体型よっても違いますので、3杯までくらいにしとくといいかもしれませんね。

まとめ

身体にもいいコーヒーは取りすぎると怖い症状となることがありますので、注意しましょう。なんでも取り過ぎや飲み過ぎなどは身体に良くないですよね。これからもリラックスや美容に飲むコーヒーですから、うまく付き合っていきましょう。

関連記事

  1. 声の老化

    顔だけではない声も老化する、その原因とは?

  2. 体温める方法

    体を温める効果的な方法

  3. 男性の冷え性

    男性の冷え性(足の冷え)ってある?

  4. ヒートショックプロテインを効果的に増やす3つの方法

  5. 免疫力低下

    肌荒れの原因は免疫力低下が原因?その対策法とは?

  6. 便秘とむくみ

    便秘とむくみは関係ある?