大人になってやってくる遅延型アレルギーとは?

遅延型アレルギー

遅延型アレルギーというのは、頭痛や肩こり、体重増加、疲労感などを感じたり、数日前に食べた食べ物が原因で症状が出るなど、すぐには症状が表れないため、自分が遅延型アレルギーがあることに気付かず、症状を悪化させてしまうケースが多くあります。

そのため、本人でも気付きにくいため、「隠れアレルギー」とも呼ばれています。

今回は、遅延型アレルギーになる原因と遅延型フードアレルギーについてご紹介したいと思います。

遅延型アレルギーとは?

アレルギーとは、免疫反応が特定の抗原(アレルゲン)に対して過剰に起こることをいいます。抗原(アレルゲン)は人ぞれぞれ違いますが、花粉やダニ、ハウスダスト、食物、薬物など、私たちの身のまわりに多くのものがありますが、それらが反応することで、本来外敵をやっつけ体を守るはずの「免疫」が、アレルギー反応として自分自身を傷つけてしまうのです。

抗原(アレルゲン)が体内に入ってくると、先ずはそれをやっつけようと「IgE(アイジーイー)抗体」というタンパク質がつくりだされます。

IgE抗体は、健康体の人には少量しか検出されません。アレルギー反応を起こすと、IgE抗体は皮膚や粘膜にたくさんある細胞の表面に詰まっているヒスタミンなどの化学物質が一気に放出され、かゆみなどの症状があらわれます。そのため、アトピー性皮膚炎の方は、このIgE抗体の数値が高くなります。

このIgE抗体は何かしら反応があると初期症状が15分ほどで現れるため、「即時型アレルギー」と呼ばれています。「即時型アレルギー」は、じんま疹、喉のかゆみ、呼吸困難などすぐに症状として現れるため、ほとんどの方は自覚のあるアレルギーです。

そしてIgE抗体の他にも抗体には「IgG抗体」「IGA抗体」があります。この2つの抗体はIgE抗体と比べると発症するのが半日~数日後と緩やかであるため、「遅延型アレルギー」と呼ばれています。遅延型アレルギーは、発症するのが遅いため、自分が発症していると気付きにくく、例え、口にした食べ物の何が原因となっているのかがわかりません。

さらに遅延型アレルギーは、一般的にアレルギーの症状とは考えられていないような様々な不調も出ることがあるため、一概に食べ物によってアレルギーになっているかどうかの自覚もしづらいのです。

遅延型アレルギーの症状

遅延型アレルギーの症状
遅延型アレルギーには、次のような症状があります。

・頭痛
・抑うつ状態
・睡眠障害
・自閉症などの精神、神経症状
・便秘、下痢、腹痛
・吐き気
・にきび、アトピー性皮膚炎などの皮膚症状
・喘息、アレルギー性鼻炎
・ふけ
・じんましん
・鼻水、鼻づまり
・喘息
・不整脈
・むくみ
・体重増加

これ以外にも他に様々な症状を引き起こしている可能性もあります。

遅延型アレルギーかどうか調べる方法

自分が遅延型アレルギーかどうか調べるには、検査をしてみるのが一番です。

検査するところによっては、少量の血液で96種類のフードアレルギーの分析を調べることが可能です。

もしも検査の結果が陽性になった場合は、アレルギー反応を鎮静化するために、その原因となる食べ物の摂取を避ける必要がありますが、そのような細かいことまで検査をすることで分かります。今までのアレルギーに対する血液検査では特定できなかった食べ物と、遅延型アレルギーの症状との因果関係を明らかにすることができます。

ただし、このような検査は保険外となり、自費診療となります。しかも「IgA」「IgG」それぞれ3万弱の検査費用がかかる医療機関もあるため、事前によく調べてから診察を受けることが大切です。

 

当サロンでは、アレルギーによる原因をお客様と共に考え究明しながら、「ソト」はもちろん、「ウチ」からの体質改善も目指した施術を行っています。低体温はアレルギーのみならず、様々な病気をひき起こす原因とも言われています。
体温を上げることで基礎代謝が上がり、ホルモン関係も良好、肌代謝もアップされます。まずはお気軽に相談ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 香りが睡眠に及ぼす効果

    香りが睡眠に及ぼす効果とは?【熟睡と香りの関係】

  2. うつ病と副腎疲労症候群

    うつ病と副腎疲労症候群の違い

  3. 便秘薬依存症の恐怖

    便秘薬依存症の恐怖

  4. 紫外線アレルギー

    紫外線アレルギーとは?症状と改善策

  5. 高齢出産、2人目は何歳から?気をつけたいリスクを考える。

  6. 自律神経を乱すストレス

    自律神経を乱すストレスとは?関係性と原因