内蔵型冷え性の原因とは?その改善策は?

内蔵型冷え性

冷え性にもタイプがあります。カラダの外は暖かいのに対し、カラダの内側が冷たいというのが、内蔵型冷え性です。

実は近年、この内蔵型が増えてきているのです。しかも年齢を重ねたからとか、女性だからとかは、一切関係なく感じることが多くなっています。内蔵型の場合、冷たくなりやすいはずの、手や足は冷たくはなくどちらかというと温かいままです。

ですが、二の腕や太ももなんかには、冷たさを感じてしまうのです。内蔵型冷え性に陥りやすい人には、それなりの原因があります。

カラダの筋肉の量が、足りなすぎるのです。筋肉量が少ないと、体内における血流循環も悪くなっていきます。血液がキチンと、腸までスムーズには流れてはいかないことになるのです。

男女は関係なく起こりやすい症状ではありますが、それでも元から筋肉量が少ない女性は、少々不利な立場でもあります。そのため、女性で内蔵型の冷えを悩みに抱える人は増えているのです。

低血圧であるとか、普段から運動は全くしないという人は、内蔵型の冷えの症状を抱えているかもしれません。内蔵の温度を調べた時、37度前後というのが一般的な数字と言われています。37度を下回ってくると、今度は吸収や消化器官の働きが鈍くなっていきます。

そうなると、体内における脂肪燃焼効率も低下してしまうのです。せっかく摂取した、必要なはずのカロリーも、正常に日常生活の中で使用するえなるギーに転換されなくなってしまいます。これはカロリーの消費が悪くなってしまい、体内には脂肪が蓄積されてしまうことになります。

放っておくと、体内には脂肪がどんどんたまります。内蔵の冷え性は、治らないものではありません。冷えているのですから、改善対策としては、内側から温めていけば良いのです。普段の生活習慣を見直すことです。ホットドリンクを飲むようにしたり、体内を温める食材を積極的に摂取しましょう。また、温かい服装をして、特に足元は暖かくしましょう。

関連記事

  1. むくみを解消する方法

    むくみを解消する方法

  2. 過多月経

    生理の量が多い原因と対策【潜んでいる病気とは?】

  3. 髪のうねりの原因

    髪のうねりの原因【遺伝?老化が原因って本当?】

  4. 冷え性で起こる体の変化とは?(温めることの重要性)

  5. 免疫力アップの方法

    風邪をひきにくくするための免疫力アップの方法

  6. 生理痛による腰の痛み

    生理痛による腰の痛みはなぜ起こる?悪化する原因とは?