便秘の薬は飲み続けても大丈夫?(実は危ない便秘薬)

便秘薬の危険性

「便秘」は多くの女性が悩んでいるのではないでしょうか?便秘が続くと肌荒れや膨満感、食欲も低下する・・そんな症状が続くとすっきりしたくて、つい便秘薬に頼ることも多いかもしれません。

でも便秘薬には副作用もありますし、思わぬ危険におちいることもあります。今回はそんな便秘薬を服用する際の注意点をお伝えしたいと思います。

便秘薬の種類

まず、便秘薬には二種類あります。

・機械的下剤
便が排出されやすい固さになるように、便自体に水分を含ませ柔らかくさせる薬です。通常便の水分量は70%程度と言われています。それを下回ることで、硬くなり、便秘になるのです。便秘で便が硬い人というのは水分が少ない状態であるため、この状態を回避するための薬が機械性下剤です。

・刺激性下剤
こちらは、刺激を与えて便秘を解消する下剤です。大腸の粘膜を刺激して排便促進を図り強制的に便を出します。強い刺激によってぜん動運動が促進されるので、ほとんどの便秘は一発で解消されます。

副作用

便秘薬を長期間服用すると二つの副作用が現れます。

一つ目は、刺激性下剤には大腸の粘膜を刺激する効能があります。これは「アントラキノン」という成分によるものです。強い刺激によってぜん動運動が促進されるので、すぐに便秘は解消されますが、効果が高い分副作用が存在します。

それが「大腸黒皮症」とよばれる症状です。これは下剤の乱用で腸管粘膜が障害されて、色素に大腸が沈着し腸が黒くなる症状です。そうなると腸の働きが悪くなったり便秘がさらに悪化することもあると言われています。

二つ目は、便秘薬を飲み続けることで次第に「薬が効かなくなる状態」になります。薬がやってくれるからいいやと腸がなまけることを覚えてしまうのです。この常習性は刺激性下剤も機械性下剤にも当てはあります。飲み続けることで薬の成分がある状態が当たり前の腸内になってしまうので、今度はもっと強い便秘薬を飲まなければならなくなります。

便秘薬に頼らない便秘解消方法を!

・規則的な排便習慣を
毎日の生活の中で、余裕をもってトイレに入る時間を作るようにしましょう。まずは毎日トイレに入る習慣をつけることです。

・バランスの良い食事
1日3回なるべく規則正くとることが大切です。忙しかったりダイエットをしている方だと偏った食事が続き便秘につながることがあります。栄養バランスよく食べることを心がけてください。また食物繊維は水分を吸収して膨らみ腸を刺激して動きを活発にする作用があります。野菜や果物には食物繊維が豊富です。積極的にとるようにしましょう。


・運動
朝は最も便意が起きやすい時です。その時に腹筋を使うと腸が刺激されてぜん動運動が高まり、便意がより起きやすくなります。腹筋の強化にも役立つので、いきんだときに便を押し出す力がぐっと入るようになります。また運動をすると血流が良くなり腸の動きが活発になります。1日10〜15分程度の適度な運動をするようにしましょう。

まとめ

市販の便秘薬であればそれほど強い成分も入っていませんので、本当に辛い時に一時的に頼るのはいいでしょう。しかし薬がないと便秘が治らないほど薬に依存してしまっている状態であると問題です。

便秘は自分の判断で便秘薬を飲み続けるのではなく病院に行き治療を行ったり、生活習慣の改善や便秘解消食品で解消するようにしてください。

便秘は本当につらいですね。腸の内側から健康になるような便秘対策をアドバイスさせていただきます。37SALONへ是非、サロンへお越しください。

 

当サロンでは、自らの細胞を活性化させ、働きかける、最新の成長因子を導入した育毛治療も行っております。
白髪はもちろんのこと、髪に関するご相談・施術を行っておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 頭のツボ

    肩こりがラクになる頭のツボとは?

  2. 遅延型アレルギー

    大人になってやってくる遅延型アレルギーとは?

  3. 便秘が炭酸水に効果的な理由

    便秘が炭酸水に効果的な理由とは?

  4. 甲状腺疲労

    甲状腺疲労とは?

  5. 花粉症になるメカニズムとは?少しでも緩和する方法

  6. 貧血の症状

    貧血の症状とは?陰に潜む病気