生理中は便秘になりやすい?便秘の原因と解消法とは?

生理中の便秘

普段から便秘に悩まされている女性は多くいらっしゃいますが、便秘に悩んでいない人でも、生理中は便秘になってしまうことがあります。これはなぜなのでしょうか。

それは、生理中に便秘になりやすい原因として、女性特有の理由があるからなのです。今回は、その理由と解消法についてご紹介したいと思います。

生理中は便秘になりやりやすい原因とは?

理由はいくつかありますが、まず一つめはホルモンバランスの変化です。女性ホルモンには2種類あり、女性の月経周期の中で生理の終わりごろから排卵日までは卵胞ホルモン、排卵日から次の生理中にかけては黄体ホルモンが多く分泌されます。

この黄体ホルモンには妊娠を助ける作用があり、その一環として子宮に水分を多くため込む作用があります。このとき、大腸が便を排出しやすくするために保持している水分までいわば横取りしてしまうため、大腸では水分不足となり、便が硬くなって排出しにくくなってしまうのです。

妊娠中に便秘に悩まされる女性は多くいますが、これも黄体ホルモンの影響によるものです。

もう一つの原因として考えられるのが血液量の不足です。生理の際には不要になった子宮内膜を血液と一緒に排出するため出血が起こりますが、それにより体全体の血液量が減り、基礎代謝が低下します。すると体が冷えやすくなり、腸などの内臓の機能が低下します。

冬になると便秘になる人が多いのは冷えによるものですが、女性は生理による出血があるので季節を問わず便秘になる可能性が高いのです。

さらに生理中は、腹痛などから食欲が低下してしまうこともあります。食事の量が減ると新たな便が作られなくなるので、すでにある便を押し出すことができなくなってしまいます。

押し出されずにいつまでも腸内に残った便からは水分が失われ、固くなってますます排出しにくくなります。また、栄養の摂取量が減れば、それに伴って代謝も落ちます。更に、腸の働きが鈍って排出のためのぜん動運動が起こりにくくなってしまうのです。

このように、生理中の便秘はこうしたさまざまな条件が重なって起きるものです。

生理中の便秘を解消する方法とは?

生理中の便秘
生理中に起こる悩みの一つである便秘を解消するには、とにかく水分を積極的に摂取することが現実的です。

通常は1日に必要とされる水分量は2リットルと言われていますが、生理中は黄体ホルモンの働きによって水分が足りなくなりがちなため、2リットル以上の水分を摂取するように心掛けることが大切です。この水分量は、味噌汁など食事中に摂取する水分量を含めて考えて大丈夫です。

また、飲むタイミングとしては、く朝起きてからすぐ水分を摂ることによって、腸の働きを活性化させることが期待できるので、朝起きたらコップ一杯程度の水分補給を習慣化させましょう。水分を摂る際に気を付けたいのが、生理中には基礎体温も低下しやすいため、できるだけ冷たい飲み物を避けることです。

冷たい飲料を飲んでしまうと、冷え性を引き起こしてしまうからです。そのため、水分を積極的に摂取するとはいっても、く38度~40度程度のなるべく温かい温度にした飲み物を摂るようにします。そうすることで、お腹を温めることができますし、お腹が温まると内臓の機能が向上して腸の動きを活発化させることにつながります。

飲み物としては、生理中にホルモンバランスの崩れを整えるために豆乳などもおすすめです。ただし、飲み過ぎには注意して、豆乳は1日2杯を限度としましょう。

 

当サロンでは、基礎代謝を上げることで、新陳代謝を促進、体のターンオーバーを整え、便秘を改善することが可能な施術を行っております。まずはお気軽にご連絡ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. 髪がべたつくのはなぜ?毎日洗っても改善しない原因

  2. 腰痛の効果的な薬膳料理

    腰痛の効果的な薬膳料理とは?

  3. 塩風呂の効果!【デトックスで 冷え症や肩こり・美容にも効く!…

  4. 金属アレルギー ピアス

    金属アレルギーでピアスが辛い?症状と解消法とは?

  5. 足先の冷え

    足先を温めるための一番おすすめの方法とは?

  6. スマホ依存症

    スマホ依存症の症状と体に及ぼす影響とは?