便秘と体臭・口臭の関係性

便秘と体臭・口臭

便秘というのは、排便が順調に行われないだけでなく、体の様々な部分に不調をもたらします。

体臭や口臭は一見すると便秘と関係がなさそうにも思いますが、実は便秘気味の方に起こりやすい症状の一つとして、取り上げられます。今回は、便秘と体臭・口臭がなぜ関りがあるのか、その関係性と対策について、ご紹介します。

便秘になるとどうして体臭・口臭が臭うのか?

便秘になると、腸内で悪玉菌と呼ばれる微生物が増加し、溜まった便の腐敗や発酵が進みガスで充満しています。このガスが腸内に停滞することによって、多くの有害物質を生み出し、それが腸壁から吸収されて血液中に溶け出し、全身へと運ばれてしまうため、気になる臭いが充満してしまうのです。

また、 便秘をしていると常に腸内にアンモニアなどの有害物質を抱えています。しかし肝臓によって、有害物質が血液に混ざり込まないように、解毒されるのです。これを肝臓の「解毒作用」と言います。

その解毒は皮膚や呼気などから排出されますは、その時、解毒一緒に腐敗臭も一緒に外に排出されるのです。これが、体臭の原因に、呼気から排出されたものは口臭となってきつい臭いの原因となるのです。

これらのニオイは、元を辿ると便の腐敗や発酵が進んだガスから発生したものであるため、成分的にも便臭に似通ったものになってしまうのです。

体臭・口臭を改善するには?

このように臭いというのは自分ではなかなか自覚しづらく、他人に指摘されてから気づくことも多いため、日ごろからの注意が大切です。毎日シャワーを浴びたり、歯磨きに力を注いでいても、体臭や口臭が気になるという人は、自分の便秘状態を確認してみると良いでしょう。

そして、いかに便秘が体臭や口臭と大きく関係していることがわかったのではないでしょうか。そのため、体臭・口臭を改善するには、便秘がちな体質を根本から直していくことが大切です。

では、改善するにはどうしたらいいのかと言うと、具体的には腸内の悪玉菌を減らして、善玉菌と呼ばれる微生物を増やすことが重要です。そのためには善玉菌の働きを助けてくれるビフィズス菌やオリゴ糖などの摂取がおすすめです。また、ヨーグルトや納豆など発酵食品に多く含まれている乳酸菌にも善玉菌の働きを助ける作用があるため、毎日発酵食品を食べるのも良いでしょう。

更に、食生活の改善と同時に行いたいのは積極的な運動習慣です。散歩やジョギングなど腸の蠕動運動を助ける動きをすると頑固な便秘の改善に役立てることが出来ます。また、ヨガやピラティスなどのインナーマッスルに働きかけるエクササイズを行うと腸に刺激を与えることが出来てスムーズな排便が促されます。

運動して発汗することにより、身体の老廃物を体外へ排出させるデトックス効果を得ることも出来るため、気になる体臭や口臭を軽減する事もできるでしょう。便秘は体にとって百害あって一利なしといえるほど有害なものなので、日ごろからスムーズな排便が出来るように心がけると健康的で爽やかな毎日を送ることが可能です。

当サロンでは、もしも便秘で悩まれているのであれば、基礎代謝を上げることで、新陳代謝を促進、体のターンオーバーを整え、便秘を改善することが可能な施術を行っております。まずはお気軽にご連絡ください。

 

37LABコース予約

関連記事

  1. むくみ解消法!【飛行機・長時間フライトでも美脚を維持!】

  2. 美容液

    幹細胞美容液とプラセンタの違いとは?

  3. プレ更年期

    低体温!基礎体温でわかるプレ更年期SOSとは?

  4. 腰痛治療

    腰痛治療!病院選びのポイント

  5. アレルギーが起こるメカニズム

    アレルギーが起こるメカニズムと考えられる原因とは?

  6. 水とデトックス効果

    水はデトックス効果に抜群?美肌を招く正しい水の飲み方