便秘や冷え症も改善できる白湯の効果とは?

白湯の効果

便秘になりがちだったり、冷え性で悩んでいる方も多くいらっしゃいますが、白湯を飲むことでこうした症状が改善することが期待できます。

もともとは、インドに伝わる伝統的医療「アーユルヴェーダ」に、白湯を飲んで健康になる健康法の知恵が伝えられています。アーユルヴェーダの考えによれば、心と身体のバランスを整える効果がある飲み物とも言われています。

人間の体というものは、体温が低下すると、内臓を保護しようとして血液を内蔵に集中させるように働きます。白湯を飲むと、胃腸などの内臓が温められ、代謝の効率も上がることによって、四肢にまで血液がまんべんなく行き渡るようになります。

すると、体中に血液を巡らせることができるようになり、結果的に体全体がぽかぽかと温まって冷え性も緩和してくるのです。特に、日頃から冷たい飲み物を好んで飲んでいる方にとっては効果を実感しやすいと言えます。

また、男性女性を問わず便秘がちだという方にとっても優れた効果を発揮します。朝一番のタイミングで飲むことによって、胃腸に良い刺激を与えることで活性化を行い、消化能力も上がります。消化効率が上がれば、体が持つデトックス能力も同様に高められるので、便秘がちな方でも便通が徐々に改善されてきます。

これは、腸の働きが良くなることによって、その情報が脳に届き、腸内に溜まった老廃物を排出させようとする命令が出やすくなることも関係しています。続けることによって腸内環境も整い、腸の中の善玉菌も増えてきます。

腸が整うことによって便通が定期的に来るようになりますし、それだけではなく腸の働きが悪いことで起こる下痢の症状なども緩和されてきます。

便通が良くなってくると、それに伴って体重も自然な感じで落ちてくるという嬉しい効果もあります。胃腸の弱い方は、何らかのストレスが溜まってしまうと、ストレス性の下痢になりやすいものですが、こうした症状も緩和させることができます。白湯は、できればやかんで火を使って沸かして作るようにするとベストです。

関連記事

  1. 甲状腺機能低下症

    甲状腺と女性の抜け毛・薄毛との意外な関係とは?

  2. 便秘とむくみ

    便秘とむくみは関係ある?

  3. 寝起き・目覚めを良くする方法

    寝起き・目覚めを良くする7つの方法

  4. ヘルニアと腰痛の関係性

    ヘルニアと腰痛の関係性

  5. プレ更年期

    低体温!基礎体温でわかるプレ更年期SOSとは?

  6. 無性に辛いものが食べたくなるメカニズムとは?